pelikan ニッキ

suomit.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 29日

はしご公園

今更ながら、今年の夏の熱闘甲子園の最終回を
オットと見直す。
結果が分かっていながら、ハラハラドキドキ、そして感動の涙でフィナーレ・・・
番組の後半に流した今年の甲子園のダイジェストでも涙、涙。
見ていて気がついたけど、ちょっと前まで(?)高校球児が年下に思えない、、
と言っていたはずが、こんな子がわが子だったら、、とすんなり受け止められていた。

翌日、天気が良かったので、
熱闘甲子園冷めやらず、のオット
グローブとボール、朝ご飯(三食そぼろ弁当:ヨメ作)、イヌを従え、砧公園へ。
ここは以前、住んでいたアパートが近かったこともあり、毎週のように
散歩にきていた場所。
食後にキャッチボール。ヨメはスポーツ全般だめだけど、
なぜかキャッチボールだけはそこそこうまい。
(・・・キャッチボールにうまいも下手もあるもかな?)

お昼前に家に帰り、土埃まみれのイヌを洗い、
もう、眠くて眠くてたまらず、白目をむいているイヌを残し、、
今度は駒沢公園へ。
まさかの公園のはしご。ベンチで読書(といっても漫画)のあと、
性懲りもなくキャッチボール。
キャッチボールのしやすさとしては砧公園が上か。

あ~私のキャッチボールのレベルはどの程度なんだろうか・・・・
やはり、イチローのように背面キャッチくらい出来ないと、うまいとは言えないのか。
[PR]

by suomit | 2009-09-29 06:30 | memo
2009年 09月 25日

ノルウェー 旅の疲れがそろそろ ③-2

やってきたバスは、思いのほか大型。
でも乗客は、町の住民なのであろうか?の老夫婦と、私たちのみ。
ついに老夫婦も途中下車し貸切バスに。

e0010654_1171793.jpg寝るオット。


e0010654_1183773.jpg寝るオット2。


e0010654_119129.jpge0010654_1192593.jpg
ヨメは飽きることなく、車窓見学。
しばらくすると、港へ(たぶんここもフィヨルド)到着。
バスを降ろされ、フェリーかな?と思ったら、違うバスへ乗り換え。
徐々に、地元の人たちも増えてきて、
学校帰りの女子高生やら、子連れの家族やら。
消音にせずゲームをやる子供、着信音がしょっちゅう鳴る携帯。
マナーレベルが日本よりもかなり緩やか。
再び停まったバスはフェリーに乗り(ここではバスは降りずにそのまま10分ほど)
対岸に渡り、またバスは走り、
雨が段々強くなってきたころ、Ålesundへ到着。

雨のせいか、ちょっと旅の疲れが出てきたせいか、
駅がないので、町の中心がどのあたりなのか、感覚がつかめないせいか、
バスを降りた後に軽く迷子。
おじいさんに道を尋ねると、ホテルと全く逆の方向へ。
疲れ倍増。(´д`;)

乗り物カウンター:9.10
[PR]

by suomit | 2009-09-25 11:11 | ノルウェー2009
2009年 09月 24日

宇宙とフライパン

e0010654_14493055.jpgオットが出かけた休日。
イヌと戯れるのにも飽きた午後、TSUTAYAで宇宙兄弟を大人買い。
喫茶店にてソフト麺にも似たナポリタンを食べ、コーヒーを飲み
宇宙兄弟を一気読み。
のどか過ぎる午後・・・・
e0010654_14494870.jpg念願のクリステルのフライパンを購入。
清水の舞台から飛び降りるくらい、思い切った買い物。
いつもよりいいひき肉でハンバーグを作ってみる。
使い勝手の良さと、ハンバーグの出来上がりに、
とにかく買って良かったと思う。
週末は餃子かな?
[PR]

by suomit | 2009-09-24 15:05 | memo
2009年 09月 21日

SW

連休の実感がほとんどないまま、SW。

クローゼットの掃除がてら、履かない靴を捨てた。
いままでありがとう。
Jさんお勧めの宮前平の日帰り温泉へオットと。
温泉へ行く前に、何冊か本を買い、温泉に入り、本を読み、温泉へ入り。
露天風呂から、息を飲む夕日。
温泉のあとは、お魚が売りの居酒屋で
お刺身、白子のてんぷら、しめ鯖。

==============

e0010654_20522561.jpg20世紀少年の映画へ。長かった・・・・・
映画後、ラーメンを食べて、パノラマへ。
本当はこのお休み中に、鉄道で小さな旅でも、、と思っていたのだけど
実行へ移せなかったかわりに。
早めの時間だったので、お客さんは私とオットのみ。
いろんな角度から楽しむ。たまらん。。。。。
ジオラマ好きのヨメと鉄道好きのオットのアドレナリン爆発。
今回の車両のテーマは1980年代ということで
(2週間程度で、車両の入れ替えがあるとのこと)
昔乗った、車両に思いを馳せ。

オットが、何度も、「せめて好きに使える畳1畳分のスペースがあれば、
家でNゲージを走らせたい。。。」なんていうけど、、、、
無理に決まってるやろ~~~。

でも、、、、でも、、、、、
いつか一戸建ての家に住んで、お金に余裕もできたなら、
Nゲージの部屋、、なんていいかも。。。。
[PR]

by suomit | 2009-09-21 20:52 | memo
2009年 09月 15日

ノルウェー いったい どうやって ③-1

3日目
e0010654_163818100.jpg朝食とチェックアウトを済ませ、絶景を眺めながら船着き場へ。
中腹の教会からの景色。
この日はガイランゲルフィヨルドクルーズ。
インフォメーションセンターにてチケットを購入しようと思ったところ、
こちらも、「フェリーで直接購入」とのこと。
e0010654_16384672.jpgあのフェリーかな?とおもったら
e0010654_1639728.jpgこのフェリー。かっちょい~。
2人で242Kr.
e0010654_16403151.jpgクルーズといっても周遊ではなく、このまま次の町へ移動。
小さくなっていくガイランゲルの町・・サヨウナラ~ヽ(´ω`)ノ。

e0010654_16412046.jpge0010654_16421815.jpgきっとここには神が住んでいる。

←心なしか、顔。

e0010654_16431280.jpgここへ来た人がみんな思うであろうけど、
たまに出現する集落に、「どうやってここの人たちは生活しているのだろう」の連続。
セブンシスターズの滝の上にもぽつんと小さな家があった。
どう目を凝らしても、そこまで行く道は見えなかったし、
どうやって??ねえ、どうやって???
時々とんでもない場所に羊がいたりする。
どうやって??ねえ、どうやって??
アギロホイッスル??

段々寒くなってきて、皆、続々とデッキから船内へ脱落。
コーヒーを飲みながら、ぽさ~っと、フィヨルドを眺めるのも、
これまた贅沢。

1時間後フェリーはヘレシルトへ。
結構乗っていたはずの乗客が、皆、どこかへ消えていく~。
インフォメーションセンターくらいあるだろうと思っていたのに、
どうも無い様子。
バス乗り場はどこだろう・・・・

e0010654_165176.jpg近くのお土産物やで、聞いてみると、バス停は銀行と、ガソリンスタンドの間にあるよ~
ということで、確認をしにいったら、クモの巣が張った、バスストップのサインが。
3,40分ほどでバスが来るようなので、
お土産物屋に戻り、おばちゃんおススメの巨大アイスを食べ、
(その後色んな観光地で同じアイスを見つけたけど、ここのおばちゃんが作るアイスが
一番大きかった)バスを待つ。

e0010654_16512528.jpg待つ。
~アイスが溶ける~と協力を求めるオットを放置。~


e0010654_16514117.jpg待つ。
~雪ちゃんも一緒~

乗り物カウンター8
[PR]

by suomit | 2009-09-15 16:39 | ノルウェー2009
2009年 09月 14日

ガングリオンに寄せて

最近、手首がちょっと痛い。
昔よく、ガングリオンになっていた、あの時の感じ。。。

そのせいか、
手首の上に、サーティーワンのアイスクリーム大の
ガングリオンが出来た、という夢を見た。

コンタクトをしている人は、コンタクトがなかなか目に入らない、という夢を
見るらしく、(私も時々見る)
それと同様、ガングリオンの経験者は、ガングリオンが出来る夢というのを
見る傾向にあるのだろうか。

ウィキペディアでガングリオンを調べていたら、
(そもそも、私は昨日まで「ガングリゴン」だと思っていた
ガングリゴン・・・って)

「民間療法で50円玉をガングリオンの上に置きトンカチで叩く、
辞典などの本の角で叩いて潰すなどという方法があるが苦痛を伴う上に
二次的障害も引き起こす恐れもあるので試みない方が良い」
という荒治療に思わず笑ってしまったけど、

私の治療遍歴としては
①自然治癒(3、4回)
②注射器での吸い出し(2回)
③手術(1回)
と、そこそこガングリオニスト。

手術の時、特に手術室ではなく
診察室で局部麻酔で行ったのだけど、
これが恐ろしく痛くて、恥ずかしげもなく、絶叫したら、
たまたま同じ病院にきていたクラスメートに
「お前、昨日病院にいなかったか?」と言われたほど。

また、1週間後、叔父が同じ手術をし
「お前のあの時の苦しみがようやくわかった・・・・」としょげていた。

ああ、ガングリオン・・・・
(オチ なし)
[PR]

by suomit | 2009-09-14 16:28 | memo
2009年 09月 11日

ノルウェー いったい いつ。。 ②-5

ガイランゲルの村に到着。

e0010654_14593219.jpg宿泊はホテルユニオン
5つ星にしては少し物足りないような気もするけれど、、
部屋からの眺めは、まるで夢。(写真すべてクリックで拡大)
ホテル内を散策し、その足で再び町まで。徒歩10分といったところか。
e0010654_1504897.jpgお約束なのであろう場所で写真。
いままで何度となく見た、オットのお決まりのポーズ・・


e0010654_153262.jpge0010654_1533455.jpgあまり多くはないけれど、船着き場周辺にはいくつかのレストランが。
そこでビール、海老のスープとサーモンの夕飯。
本当はもう十分に夜だけど、まだまだ明るいので、昼間に飲むビールのように
手っ取り早くほろ酔い。

e0010654_1545159.jpge0010654_1551815.jpg帰りにコンビニに寄って、部屋で飲むビールを、、、と、
そういえばすっかり6時以降買えないことを忘れており。。。
しかたなしにノンアルコールビールを購入。
スーパーで店員に怒られているオット。(うそ)
他の客まで巻き込んでの、ひと悶着中。逃げるヨメ。(ってうそです)


e0010654_157174.jpg帰りはひたすら上り坂。
黄色いカバンが緑に眩しい。

日本であれば絶対飲まないであろうノンアルコールビールも、
もともとの味なのか、窓の外の風景なのか、案外美味。(本当か!)
ビールが買えないぐらいなら、コーラでいい、とか
割りきれずノンアルコールビールを買ってしまう、悲しいヨメ。


e0010654_158182.jpg 夜中に起きた時、初めて見た暗闇のフィヨルド。
3日前まで日本にいたことがもう、はるか昔のような気がした。
というか、こんなに細かく書いてて、一体いつ旅行記終わるのか・・・
[PR]

by suomit | 2009-09-11 15:02 | ノルウェー2009
2009年 09月 10日

ああ、また食べたくなってきた。

e0010654_10422874.jpge0010654_10425562.jpg先日美容院に行ったときに、
近所の美味しいものの話になる。
美容師さんが近所の美味しいものに詳しく、
しかもあまりにも美味しそうに話すので、
夜、飲み会から帰ってきたオットを
「ちょっとだけ、ちょっとだけ」と、連れ出し
おススメの串焼き屋へ。
串焼きもおいしかったし、さ~ら~に!
もつ鍋が、、、もつ鍋が!
〆の麺が!あぁああああああ。
この駅周辺は、もつ鍋不毛地帯だと
思ってたけど、これにて一件落着。
ここだったら一人鍋で来られるなとも。
[PR]

by suomit | 2009-09-10 10:46 | food
2009年 09月 08日

ノルウェー キリキリ ②-4

時折トロルスティーゲンの標識を見つけ、ついに、来ましたよ。
すごすぎて笑ってしまう風景がそこに。

牛が、道の真ん中に。下ってくる車がスレスレ。滝がザーザー。
e0010654_10225570.jpge0010654_1023122.jpg
ギリギリ、キリキリ、ドキドキの風景に、車内に漂う一体感。

こんな映像見つけました。

よくこんな道を、大型バスで・・・
梯子を登りきった後も、電車の車窓以上に近くに迫る岩山。
ドウドウと流れる川の前で5分間の休憩。お~だんだん寒くなってきたよ~。

e0010654_10272148.jpge0010654_10274323.jpg
e0010654_1028299.jpg岩山にも食傷気味になりかけの頃、バスはフィヨルドのほとりへ。
「バス降りろ~~」と下ろされると、
そこには大きなフェリーが。
ぱっか~と口が開いて、皆で乗り込む。
ピンクのカバンのオットは人ごみでも見つけやすい。
e0010654_1028508.jpg目に映るもの、すべてをカメラに収めたい、三人衆。
e0010654_10292113.jpg対岸へは確か10分ほど。再びバスへ乗り込み、しばらく。


e0010654_10344880.jpge0010654_10345874.jpgイーグルロードでバスは停車。「いい景色だから、降りろ~~~」と。
右手にはフィヨルド、左手にはガイランゲルの町。
感動のマックスはラウマ鉄道ではなかった。涙


乗り物カウンター7
[PR]

by suomit | 2009-09-08 10:25 | ノルウェー2009
2009年 09月 07日

ノルウェー 両替は多めに ②-3

e0010654_9551441.jpge0010654_9553926.jpg
オンダルスネス駅に到着。
いくつかのお店に小さなホテルの小さな町(というか集落)。
なぜにこんなところにやってきたのか。
それは、ここからトロルのはしご(トロルスティーゲン)
を通ってガイランゲルに行くため!!(鼻息、更に荒め!)
ラウマ鉄道とトロルスティーゲンが連続していると知った時に
奇跡!と思いましたもの。

ガイランゲルへ行くバスの切符を買わねばと、インフォメーションへ。
1)ここでは売っておりません。
2)バスの中で直接買ってください。
3)カードは使えません。
4)バスは3時に出発です。
(日本で調べた時には、オンダルスネスからガイランゲル行きのバスは
夕方5時くらいだったはずが)
との情報。

e0010654_9561036.jpg昨日空港で10,000円だけしか両替しておらず、
エアポートエクスプレスと、スーパーでの買い物、
コーヒー代くらいしか使ってないのに、もう殆ど所持金がない。

どこかで両替せねば~、と町を歩くも(ちなみにホテルでも出来なかった)、
出来そうな場所は見当たらず、ちょっと焦ってきたところで、銀行の外にCDを発見。
あ~神よ~。(最悪、ロンドン母に借金しようと思ったヨメ)
確か一人192kr。二人で360kr338Kr。だったような。


e0010654_9561998.jpg駅の売店でコーヒーとチーズスナックを買ってバスへ乗り込む。
張り切って運転手さんの後ろの席に座ってみました、の図。

乗り物カウンター6
[PR]

by suomit | 2009-09-07 09:56 | ノルウェー2009