pelikan ニッキ

suomit.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 29日

今 ベストの気候

生ハム、チーズ、と聞いてオットが反応しないわけないよな、と思ってましたが、
案の定興味津々。
代官山のEATALY
天気も良かったので自転車で向かいます。
ぐるりと食材を見てから、、と思いましたが匂いに勝てず、
イートインにてお昼ご飯。
働く人のぎこちなさ、すったもんださに、初日感あふるる店内。
エプロンをしていない従業員もいるので、誰が誰やら(笑)

なんやかんやでピザとパスタを一種類ずつ。
e0010654_103579.jpge0010654_10351967.jpg

刻まずのアンチョビ、種ありのオリーブ、なんか「それ」っぽくて、
イタリアを旅したころを思い出しました。
(って、ローマに3日だけやろが!)

美味しさにイタリアン気分が治まらず、夕飯もイタリアンだね、ということで、
各自食材を求め店内をウロウロ。

最後にジェラードも忘れずに。

楽しいといえば楽しいけど、しかしどうだろうかー、また来るだろうかー。

帰り道、シェ・かつ乃の前を通ったら奇跡的にロールケーキがまだショーケースに残っていたので、買い求める。
これが噂の!
e0010654_1035461.jpg

なるほろ、とてもふんわり、かつ、さっぱりしてるので、
一切れだと、すこし寂しい。
一本いきたい衝動。
[PR]

by suomit | 2008-09-29 06:12 | food
2008年 09月 25日

最近食べたもの いくつか

e0010654_1028875.jpge0010654_10281887.jpge0010654_10283083.jpg
オットのお土産。
ジャンポールエヴァンのマカロン。
ヨメは生まれて初めてマカロン食べました!

休日のお昼ご飯。
つりぼり三軒茶屋の隣のレストランの2階の
タイ料理。

友達夫婦と4人で西佳苑にて焼肉。
他の友達からの『ここのカイノミが絶品』との情報どおり
なるほろ、本当に美味しかった。
大好きなレバ刺しも堪能し、この日阪神が巨人に
惨敗したこと以外はよき日でした。

北欧ノルウェー世界遺産の旅
[PR]

by suomit | 2008-09-25 06:27 | food
2008年 09月 24日

また邦画

月曜日を休み、4連休。
ただし、オットは仕事だし、特に予定も無いので、
どうしようか、、などだらだらラジカルッを見ながら思う。
なんなのかラジカルメンバーのこのノリって・・・・。

で、結局映画館へを足を運ぶ。
友達に是非1人で見るのがお薦め、といわれていた「同窓会」。
1人で見るのがお薦め、というのだから、高校時代を思い出し
ノスタルジックな気分になってしまうのかしら。。。。
それはそれでアリ、だって秋だもの!と伊勢丹の地下でパンを買い求め映画館へ。

平日だからなのか、ガラガラの映画館。
メンズデーというやつらしく、男性率が高かった。

高校時代へのノスタルジーより、
こんな風に、学生のころは平日のがらがらの映画館で映画をみたよな~
という気持ちのほうに郷愁をかられる。

伊勢丹までいっておいて、
注文していたイッタラとミナのコラボのお皿を貰ってくるのを
すっかり忘れる。
(ゆうさんのところで見て思い出しました!)
[PR]

by suomit | 2008-09-24 06:55 | book/cinema/play
2008年 09月 22日

旨いんだな~、困ったことに

e0010654_10324345.jpgおくりびとを見に行く。
いつもより断然客席の平均年齢高し。

ストーリーとしてはシンプルでしたが、なにより
もっくんの所作が美しかった。
私もいつか棺の中に納まるのだと、当然のことを
改めて思う。

ユーモアと涙と、チェロの響き。

NKエージェントのクリスマスのシーンと、もっくんの
スーツ姿もたまりません。

ワタスも家に帰ってチェロを弾いてみる。
[PR]

by suomit | 2008-09-22 10:33 | book/cinema/play
2008年 09月 18日

15年後にまた。

最初は見間違えかと思った。

1人出かけた近所の庶民派スーパーで
私が青春をささげた某アイドル(今はアーティストか?)に遭遇。

高級スーパーでもないのに。

醤油を持って歩く彼。
クラムチャウダーの素をもって目の端で姿を追うヨメ。
買い物をするうちに持ちきれなくなったのかかごを取りに行く彼。
アサリの缶詰が見当たらず焦るヨメ。

なんとか、ちゃっかり同じレジに並ぶ。

あなたのことなんて全然見てませんよ、風に、携帯をいじるヨメ。
支払いの際小銭をばら撒いてしまう彼。
心の中でしっかり!と応援するヨメ。
炊き込みご飯の素も買っていた彼。

15年ほど前、代官山のDEP’Tストアで
同じように買い物をしていたら同じように遭遇し
同じようにレジに並び、最後はものすごい勇気を振り絞って
握手を求めたけれど、今回は自粛しました。

いつかまた会おうヽ(´ー`)ノ”

e0010654_9105946.jpg何度チャレンジしても満席で振られ続けた
日本橋今泉の穴子・アジフライ。
やっと食べにいけました。ウマシ。
[PR]

by suomit | 2008-09-18 06:12 | memo
2008年 09月 16日

ポニョとパコとがんばれベアーズ

友達の子ども(4歳)Mちゃんと二人でポニョを見にいく。
バスで渋谷まででるだけなのに、私のほうがちょっぴり緊張。
渋谷のスクランブル交差点、大人だけで歩いているのとは緊張の度合いが違う。
この手を離すでないぞ!

自分が4歳のころ、おとなしく映画を見ていられたのか、と思う。
私の記憶では家族で見た「がんばれ!ベア-ズ」が
初めて映画館で見た映画だと思うのだけど、
調べてみたら1976年の映画らしい。
齢3歳・・・・・・。記憶違いかな?

席を確保し、何か飲み物を買いに行こうかと誘ってみると、
私ここで待ってるからと彼女。
頼もしい、、、けど、大丈夫なのかな?
とにかくダッシュで買いに行く35歳。
映画中、大人しく見てられるのかな?と思っていたら、さすがジブリ。
でもついに終盤モゾモゾしだし、「トイレー」となり
抱えるようにトイレへ。
戻ってきたら何がどうしてこうなったのか、となっていた(゜-Å)

というのが、夏も終わるころの話し。

同じように、Mちゃんとパコと魔法の絵本を見にいく。
アニメではないし、果たしてパコの対象年齢はいくつくらいなのか
いまいちよくわからないので、今度こそ大丈夫なのか?という私の不安もよそに
(念のため途中でトイレ~とならないように、買ってきたMちゃんのジュースを
見えないところで半分くらい一気飲みしておく)
映画が始まったらスクリーンに釘付けの彼女。

そしてそのうち、私も完全に映画の世界に入り込んでしまい、途中から涙涙。

予告を見たときから、日本でもついにこんな映像の映画をやるのか!と
楽しみにしていたのだけど、CGのはもちろん、それ以外の部分も本当にすばらしかった。
アヤカウィルソンのあの可愛さっていったらなんなの!?
笑えて(阿部サダヲがサイコウでした)泣けて、観終わった日に、明日もまたみたい。。。
とつぶやくぐらいに。


e0010654_16551229.jpg映画の後、オットと合流して3人でカプリチョーザへ。
いつもは頼まない4色のジェラードなどがMちゃんのリクエストで加わる。

トイレから戻ったときにカメラに収めた後姿。何を話しているのやら。ニヤニヤ。

オットが(借り物の)車で来ていたので、
「あ~~~帰り車だとチョ~楽だね~」とMちゃんに言ったら
「Mくん(オットのこと)は運転してるから楽じゃないでしょ~」と諌められるヨメ。
ごもっともです。
[PR]

by suomit | 2008-09-16 19:55 | book/cinema/play
2008年 09月 12日

カツオ 36歳

e0010654_9263141.jpgテレビでの偶然の出会いを待ちきれず
HPで見たOTONA GLICOに喜ぶ夫婦。
最高のキャスティング。

いい歳をした大人がいかがなもんかと思うけど、
我が家は録画してまで欠かさずサザエさんを見ている。
特にマスオさんと波平の仲のよさあたりが我が家のつぼ。

カツオも伴い3人でお風呂に入って汗を流したり、
駅で待ち合わせをして一緒にべろべろになるまで呑んで帰ってきたり(笑)
時には二人並んで怒られ、時には気分を変えようとお互いのかばんを交換し、
交換したことを忘れ翌日自分のかばんで出社する。。

サザエさんだからスルーしてしまうことも、
現実に、こういうのってちょっとない(笑)
[PR]

by suomit | 2008-09-12 06:24 | memo
2008年 09月 11日

焼酎・泡盛1000種類

e0010654_1536785.jpgYに誘われて池尻の座○楽へ。
待ち合わせにだいぶ早くついてしまったので
池尻交差点のKong Tongでビールを飲んで時間をつぶす。
高速を見ながらビールを飲んでいると、何で私はこんなところで、、、、
と異邦人のような気持ちに。

座○楽 おびただしい焼酎の数々。
地震が来たら大変だな。
とりあえず目の前にあった縦鯨を呑んでみたけど、
お湯割りも、香り、温度と状態を見ながら丁寧に入れてくれるので
なんだか「お手前頂戴いたします」という感じ。
私が焼酎だったらここに嫁ぎたい。。。。
その後も試飲させてもらったり、焼酎の個性にあった
美味しい飲み方を教えてもらったり、
焼酎って、、、、、焼酎って、、、、奥が深くってよ!
早速次の予約をいれました。
料理も美味しかったので、これから秋・冬とどんな美味しいものがと楽しみ。
お酒が好きな方に是非おすすめします。
[PR]

by suomit | 2008-09-11 06:36 | food
2008年 09月 09日

京都・奈良5

e0010654_16222266.jpg恵文社へ。
行ってみて、多くの人がここに惹かれる意味がわかりました。
どこから手をつけていいかわからない店内。
こんなに沢山のものを並べておいて、それでいてこうまとまっているなんて、
この術が私にもあったなら。
あっちへ行ったりこっちへいったりしながら
大分長いことを店内で過ごしたのに、結局何も買えなかったのだけれど。

この日の宿泊はPRINZ
わずか2部屋の小さなホテル(兼イロイロ)。
ホテルというよりは誰かおしゃれなお友達の家に泊まりに来た様な、そんな外観。
カフェでルームキーを渡され、部屋に入り思わず笑いが。
ベッドが、、、、ベッドが。。。。
e0010654_16224460.jpgデカス!!(4020×3200)
ああ、我が家もこんな風にしたいねえという要素満載のお部屋
(ベッドは無理だけど。しかも掃除も大変そう)。
そして丁寧なウェルカムカード。

本当はどこか外へ食べに行くつもりが、
旅行の何日か前に読んだ雑誌で今後の京都の食を担う若手料理人、
というような感じで(うろ覚え)ここのレストランのシェフが紹介されているのを見て
(草喰 なかひがしのご子息とのこと)の予約してみたのである。
何度も空腹に襲われながらつまみ食いをしなかったのは夕飯に備えて。

e0010654_16231799.jpgお店の方のお話も過分すぎず、ゆったりとした雰囲気で美味しい食事。
こんな食べ方もあるのか、とか、こんな調理法が、とか、
この盛り付けはステキ!とか新しい発見もあり、
最後の桃のジュレまで、楽しい時間でありました。
(残念だったのは、
美味しかったワインの名前を全く憶えていないこと。)

実は奈良から京都までの電車の中で、柿の葉寿司に夢中になるあまり、
デジカメを置き忘れてしまい、それに気がついたのが夕飯前だったにもかかわらず、
凹んだ気持ちをすっかり忘れるほどに。
(カメラとは翌日無事JR京都駅にて再会)
[PR]

by suomit | 2008-09-09 07:16 | travel
2008年 09月 08日

加瀬くん ガリガリです。

e0010654_9203724.jpgぺえすけが一言だけ
人間の言葉を話せたならなんと言うのだろうか。
そんなことを思った「グーグーだって猫である」。
あるシーンに胸の奥から何か湧き上がってくるものがあって
感動とはまた違った不思議な涙が。

e0010654_10555855.jpgきっと映画を観たら吉祥寺に行って
サトウのメンチ食べたくなるだろうなあ、、と思い
だったら、吉祥寺で観ればいい、と出かける週末。
映画を観る前にしっかりメンチとパンを買って腹ごしらえ。

学生時代にしょっちゅう遊びに来ていた吉祥寺。
今でも時々目的もなく出かけてみる。
なので映画にでてくる吉祥寺の風景がうれしかった。

映画の後、ホープ軒の中華そばもお忘れなく。
[PR]

by suomit | 2008-09-08 06:14 | book/cinema/play