pelikan ニッキ

suomit.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 30日

もう一回見るかも。

e0010654_9155098.jpgダークナイトジャパンプレミアへ。
最近邦画ばかり見ているせいか、
ハラハラしすぎて見終わった後ぐったり、だった。
ヒーロー物は、見終わった後翌日にでもなれば忘れてしまうけど、
この映画はその後もじわじわ。
ヒーロー物のセオリーを覆すストーリー展開もさることながら、
やっぱりヒース演ずるところのジョーカーが怖かった。
映像として決定的なシーンは出てこないけど、じわじわ来るプロセスと、
自分の想像力とで、恐怖倍増。(恐怖映画ではないけど)
ヒース演ずるところのと書きながら、ヒースレジャー自体、実は知らなくって、
後でネットで素顔を見てびっくり(映画の中では白塗りメイクなので)。
若いやんけ、とても。

薬物中毒でなくなったそうですが、ああいう役をやると、
プライベートでも薬に依存してしまう気持ちもわかる。。。と、
本当はそんな因果関係はないかもしれないけど、思わずにいられないキャラクターだった。

脇を固めるキャストも魅力的で、
是非モーガンフリーマン演ずるルシウスのスピンオフ、とか見てみたい。

噂のクリスチャンベールは、映画の中ではイエス!高須クリニック!みたいだったけど、
舞台上での横顔はもっとワイルドっぽくて、うーん、殴られたら痛そうだなあ、
とおもってしまったり。(いかん、いかん)

スーパーマンやスパイダーマンの一般市民を巻き込まないつつましい戦いぶり
(イメージだけど)に対してバットマンのガンガンいくかんじも、見所です。
[PR]

by suomit | 2008-07-30 06:25 | book/cinema/play
2008年 07月 29日

香川の味

e0010654_13513693.jpge0010654_13515154.jpge0010654_140489.jpge0010654_1352180.jpg
香川二日目。
なかむらへ行くも、50分待ち。ありえん。やめやめ。で、やまうちうどんへ
ここはオットの実家に来たときに確か2軒目に連れて行ってもらったお店。
当時は「え!!こんな山の中に!!」と思ったはずが
今回行ってみたら意外とそんなに山の中ではなく。
おそらく、その後いろんなうどんやに足を運ぶうちに、
『うどんやのすごいロケーション』に慣れてきて、「こんなもんだろう」と
なってきたのかもしれない。

うどんの後はこんぴらさんへ。汗ダックダクになりながら階段を上り、
『資生堂パーラーCafé 神椿』へ。
香川に来てまで資生堂パーラーもどうなのか、と思うけど、折角ですから。
「こんなところにCafé作っちゃった」、のは
資生堂のすごさか、こんぴらさんの懐の深さか。
ふだん、パフェなんて食べないのに、ひょっとしらもう来ないかも知れない、と
注文したKAMITUBAKI PARFAIT。

壁面の青い椿と、吹き上げる心地よい風が涼やか~~。

カフェを出たら表書院にて狩野探幽などの屏風を鑑賞し涼をとって下山。
こんぴらさんの門前を抜け、橋を渡ったところのお肉屋さんでミンチカツ
(メンチ、ではない)などをつまみ食い。

路地裏に発見した「うどん」ののぼりを無視できず入ったうどん屋
うどんを茹でるおばあちゃん、片づけを手伝う孫、というアットホームな雰囲気。

夕方戻ったら岡山から帰省した義妹家族と合流。
みんなで一鶴へ。ヤッタ。
やっぱりオットは親・私はヒナ。

これも香川の味。
[PR]

by suomit | 2008-07-29 06:46 | memo
2008年 07月 28日

ポケットにパソコン

e0010654_1029853.jpg
買った。i Phoneを。
すごいな~とは思っていたけど、欲しいな~とは思っていなかった。
でも、近所に出かけたついでに覗いたソフトバンクで『入荷しました』の張り紙を見つけ、
ほとんど衝動買い。

携帯の料金プランのわかりづらさも、ショップのお兄さんに説明してもらって解消
(というよりソフトバンクの料金形態はとてもシンプルだった)。

ファーストインプレッションは、カッチョイ~~~!だ。
で、セカンドインプレッションで落としそうで怖い・・。
で、サードが使いこなす自信なし。。
と、どんどん印象は悪くなり(笑)使ってみると今度はとても使いづらい。。ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン
タッチパネルでの文字入力に悪戦苦闘。。
途中、DSのタッチペンで入力したらいいんじゃないか!とやってみたら(笑)反応せず。
メール打つより電話しちゃったほうが楽かも、とまるで母親のような意見。

でも、ここからの巻き返しがすごい。
携帯電話と思わずに小さなパソコンだと思うことにした。
(あえて私が言わなくてもみんなそう思ってるかも、なのだけど)
新しいパソコンと、iPodと、カメラ買っちゃった、と思ったらとてもお徳だし、
タッチパネルも徐々に慣れてきた。
旅先にいろんな情報をプリントアウトしたものを持っていかなくても、
これからはこの子がいる。
まあきっと私は機能の100分の1も使いこなせないかもしれないけど、
これから徐々に自分流にカスタマイズしていきたいと思います。
[PR]

by suomit | 2008-07-28 06:28 | memo
2008年 07月 25日

王将でタッチ&ゴー!

e0010654_97471.jpge0010654_972779.jpge0010654_971787.jpg
まだまだ実家には戻らないわよ~ということで
最後に丸亀城へ 。
(実はその前に丸亀うちわミュージアムというのに行ってみましたが
特筆すべきことは無し)
天守閣への坂道に心折れそうになりながらも、目の前を行く年配のお遍路さんに
「(一応)若者がこんなことでどうする!」と頑張りました。
天守閣から見た香川。
目の前の海(瀬戸内海)から反対方向の山々(徳島との県境らしい)に
香川って小さいなあと改めて思う。
瀬戸は~日暮れて~ということで実家へ戻り、
恒例の焼肉やさんでの肉三昧!あ~~太ってまうやろ~~。

昨日の雨トークの餃子の王将芸人見ていたら
無性に王将に行きたくなった。
チュート徳井の家の最寄の王将が我が家の最寄の王将だと知り、
ドッキドキ(笑)
[PR]

by suomit | 2008-07-25 06:05 | memo
2008年 07月 24日

犬島は岡山だけど

e0010654_930695.jpge0010654_9293320.jpge0010654_9302037.jpg
車を走らせ、東山魁夷せとうち美術館へ。
MIMOCAと同じ谷口吉生の設計ということで行ってみたかったのと、
Caféで瀬戸内の景色に溶けたかったのとで
(メニュウにMIMOCAのようなオサレさは求められなかったのだけど)。

作品はすべて複製 (確か)ということで入館料も安いのだけど、
猪熊弦一郎美術館で貰った「旅の美術館手帖」で2割引に。
これは香川に点在する美術館への「美の巡礼の旅」の小冊子で
入館料が安くなるだけではなく
訪れた美術館でスタンプを押してもらうと、数に応じて抽選で何かいただけるらしい。
今「アートな旅」の特集で欠くことのできない香川県。
いつか犬島にも訪れてみたいものよ。
[PR]

by suomit | 2008-07-24 06:36 | memo
2008年 07月 23日

オットは本当に寝てしまったらしいけど

実家へ立ち寄った後、車を借りて猪熊弦一郎美術館へ。
前回はCaféだけだったので、今回は美術館も行ってみようということで。
猪熊作品は、一つ一つ見て、と言うよりは、いくつもの作品が同じ空間にあって
全体を眺めたときに、圧巻だよなあと思う。

e0010654_8523344.jpgピピロッティ・リストの特別展では真っ暗の空間で
ソファに寝転び天井に映し出される映像を見る、というのを体感したのだけど、
見てはいけない夢を見ているような気分に。
不思議な音楽に、ヨガのシャバアーサナをやったら、
どんな気分になるだろうと試みようとして、寝てしまうおそれもあってやめた。
でも、そんなことをしなくても
ソファとクッションの硬さが絶妙で睡魔への入り口が見えそうだった。
ふ~ん、アートってイロイロ。

e0010654_8524276.jpg頭がポワーとしながらカフェレスト MIMOCAへ。
今回はスコーンを選んでみた。
どれを食べても美味しいので全部制覇しようという試みの一環。
やっぱり絨毯の色がステキで、今年こそは我が家も絨毯をと誓う。
[PR]

by suomit | 2008-07-23 06:02 | memo
2008年 07月 22日

お金はあと払いの自己申告

e0010654_1011484.jpge0010654_101244.jpge0010654_10122136.jpg
3連休を利用してオットの実家へ。
香川についてまずうどんやさんへ直行。オット実家の近所、宮川製麺所へ。
麺だけを買ってきて家で食べたことは何度かあったけど
お店で(製麺所で)食べたのは初めて。
オットは子どものときから行っていたらしく、
「昔は土間みたいなところで食べたけど、いつの間にか広くなってる~」とのこと。
きっと今よりもっとうどんが安くて(今でも十分安いと思うけど)
うどんブームなんてなくて、みんなお小遣いを握り締めて
駄菓子屋のかわりにうどん屋に行っていたのかと思うと
粉物好きとしてはたまらなくうらやましい。
イリコ出汁のうどんを食べながら、ああ~香川に帰って来たなーと思う。
後でコンビニで立ち読みしたクロワッサンにこのお店が載っていて
びっくり。というおまけ付。 
[PR]

by suomit | 2008-07-22 06:09 | memo
2008年 07月 17日

あの時信号が変わっていなければ。

整体の後、週末に帰るオットの実家へのお土産選び。
今回はここにしました。黒船
ちゃっかり家の分のバウムクーヘンも買って。
そしてすっかり食べ忘れました。
でた、買って満足の女!(もちろん今日食べますが)

那須に出来るアウトレットにイルムスが入るようで。
那須は私の実家への通り道。これは行け、ということか。

とあるビルから出てきた女性。
あれ!?????知ってる人のような!???
と思ったら小学校から中学校まで一緒だったAちゃんだった。
一瞬のことで、しかも信号が変わってしまい、声かけられず。
残念すぎる。
[PR]

by suomit | 2008-07-17 05:56 | memo
2008年 07月 16日

miel ドーナツ

e0010654_931037.jpgいただきもののmielドーナツ
今朝の朝ごはんの風景。
あのKKDは我が家には甘すぎて
「わしらにはもう無理じゃて。。。」とすでに若者の食べ物、といった
感じですが、こちらはよいです。
あると思います。
ドーナツには珈琲もいいですが
牛乳もよいです。

とか書きつつ、この間渋谷に出かけたら
いつの間にか出来ていたKKDに全く人が並んでおらず
反射的に買ってしまった学ばない大人なのであった。
[PR]

by suomit | 2008-07-16 07:31 | food
2008年 07月 14日

突然の大雨で枕が台無し。

e0010654_1452973.jpgオットと「歩いても 歩いても」を見にいく。
実家の描写の「あるある」感、
矍鑠とした祖父、台所で次から次へと料理を作る祖母、
娘と母親の会話、嫁と姑の会話、ふと出る本音、
夏休み久しぶりに会った従兄弟との最初の距離感、
まるで我が家の縮図を見ているようでもあり。
というか、きっと、みんなどこかに
自分を重ね合わせるのだろうな、これみたら。
映画が終わって、深いため息。
身につまされたね、とオットに言ったら深く頷いていた。
笑えて、泣けて、きゅーっときて、とても心に残る一本。

映画を見ながら夫婦で同じことを気にしていたのだけど、
話の中に
「おぼれた自分を助けたために亡くなった人の命日に毎年訪問する」というのが
出てくるのだけど、誰かの小説にこんな話があったんだよな。
誰だったかなあ。。。
ご存知の方いらっしゃいますか??
[PR]

by suomit | 2008-07-14 07:00 | book/cinema/play