pelikan ニッキ

suomit.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 27日

矢場とん

e0010654_23144496.jpge0010654_23144456.jpge0010654_23144413.jpg
先日、日産ギャラリーに行った帰り、築地によって寿司寿司〜!と張り切ってたのですが、
あまりにも混んでいて、あっけなく挫折・・・・・歌舞伎座側にある、「矢場とん」へ。
テレビなどでもおなじみですが、食べるのは初めて。
どんな感じかしら〜〜〜〜。とウキウキ待つ事暫し。
ほほーーー、なるほど。でも美味しく食べられたのは最初の2口ぐらい。
あっという間に味に飽きてしまった。
うーーーーー。七味をかけてみたり、からしをつけてみたり。
話のタネにはなったのですが、私はもう今回だけで充分かなあ。
美味しいとか美味しくないとかではなく、食べ物との相性が合わなかったのでしょうか。
[PR]

by suomit | 2006-09-27 23:14 | food
2006年 09月 27日

週末に

e0010654_22392885.jpgハラゴシラエして見るのだ
[PR]

by suomit | 2006-09-27 22:39 | book/cinema/play
2006年 09月 25日

日の出うどん

e0010654_23444419.jpgお取り寄せしよう!と思っていたら、
なんと偶然にも香川のお家より届いた日の出製麺所のうどん!
なんで、私が食べたかったものを知っているのか!
ありがとう〜〜(泣)
e0010654_23444467.jpgどんな食べ方にしようか迷ったけど、ルクルで温泉たまごを作り、
釜揚げにしたうどんに絡めて食べました。
生卵を絡める釜たまって、なんだか分離した感じになってしまって、
うまく絡まないのです。
は〜〜、旨い、旨いっす。
ああ、食べたそばから、また食べたくなってきた。
e0010654_23444412.jpg今日街で見かけたビーグル。おお、お前もいいお家だね。
ぺえすけは、鳥取の梨だったけど、お前は千葉のキャベツかね。
(クリックすると、写真がちょっとだけ大きくなります)
そうそう、のだめのHPリニューアルしてキャストの写真が一新してましたね。
キャストだけ聞いたとき、えええーと思っていたけど、
なるほど、わからんでもない。
ますみちゃん、中途半端な演技はして欲しくない感じ(笑)
瑛太って黒髪の剛毛のイメージだから、金髪ってなんだか不思議。
(でも金髪にしても、髪の毛が軽い感じにならないのね)
[PR]

by suomit | 2006-09-25 23:44 | food
2006年 09月 24日

新築物件

e0010654_2121556.jpg段ボールがあったので、
入れてみました。
e0010654_2121542.jpgマジックで書いてみました。
ぺエ「縁起でもないことしないでください」
e0010654_2121538.jpg場所を変えてみましたが、
まだ入っています。
出ないのか、出れないのか。
e0010654_212151.jpg寝ました。
結論「ペエ助に、高いハウスは不要だ」
[PR]

by suomit | 2006-09-24 21:02 | memo
2006年 09月 24日

ニューデザインパラダイス

e0010654_10562596.jpg終わっちゃいましたね。。。。ニューデザインパラダイス
というわけで、日産ギャラリーで開催中の
パーマネントコレクション
e0010654_10562625.jpgお手を触れないでください、が、こんなに辛いとは。

e0010654_10562643.jpg作品より車に夢中のオット。
[PR]

by suomit | 2006-09-24 10:56 | memo
2006年 09月 24日

朝食ライブ

e0010654_105495.jpg子供の頃の運動会のようなお天気。
気持ちがいいので、ラテールまで散歩がてら
パンを買いに。
調子に乗ってあれもこれも買っていたら帰り道、重かった〜。
e0010654_1054951.jpgコロッケパン。
ソースの味まで美味しすぎです。
e0010654_1054975.jpgラテールに行って売り切れだと凄いがっかりの
アンチョビのサンドイッチ。
今日はあったよ〜〜。
e0010654_1054916.jpg今回初めて買ってみました。
お豆のパン。
e0010654_1054952.jpgガツガツガツガツガツガツ。
[PR]

by suomit | 2006-09-24 10:05 | food
2006年 09月 21日

立ち飲み

e0010654_219072.jpgYと恵比寿でモツ鍋を食べようということになり、
待ち合わせの時間よりだいぶ早く恵比寿についてしまった私は一人、立ち飲みのQへ。
生ビールが仕事疲れの体にしみますワー。
お通しのイベリコ豚のハムも、ビールとの相性ばっちりです。
といいつつ、二杯目の泡盛も美味しく頂きました。

Yと合流。もつ義へ。
いままでモツ鍋というと中目の鳥小屋一辺倒だったのですが、たまには違うところで。
鳥小屋に比べると全てにおいて上品です。
〆にお鍋のスープと大量の黒ゴマを絡めて作る胡麻麺が本当に美味しかった。

その後4次会まで恵比寿の夜は続くのであった。。。
[PR]

by suomit | 2006-09-21 21:09 | memo
2006年 09月 19日

九州ざっと3日目

e0010654_23501779.jpge0010654_23501897.jpge0010654_23501899.jpg

3日目 今回の旅でどうしてもいきたかった呼子へ。
小さな港に『いか』の文字のオンパレード。
他県ナンバーの車も目立ちますので、ものすごく大きな市が立つのでしょう、と思っていたのですが、
港の大きさにあわせこじんまりした市でした。
でもイカの天ぷらを食べたり、試食の一夜干を食べたり、イカシュウマイを食べたり、
いったり来たりしながら、最後にはしっかり発泡スチロールに沢山のイカ。ウヒヒ。

今日は帰る日だから時間がないーといいつつ、窯元によってもらったあとは、大宰府へ。
目的は梅が枝餅を食べるため。しっかり目的を果たし、お参りもしたら、
最後のランチはどうしましょう。

立ち寄ったコンビニで九州のガイドブックを見て、元祖長浜ラーメンへ。
替え玉をして、うー、苦しー、といいながらも、最後は絶対立ち寄りたいと
小倉のシロヤとときわばしへ。
しっかりお土産も買って、北九州空港へ飛ばします。
振り返れば、何かを食べる目的のために動いていた旅だったような。。。

思いつくままな動きで長いこと運転してくれたオット、ご苦労様でした。

今度は鹿児島あたりを中心に攻めてみようかと思っております。
[PR]

by suomit | 2006-09-19 23:50 | 九州
2006年 09月 19日

九州ざっと2日目

e0010654_23385164.jpge0010654_23385112.jpge0010654_23385129.jpge0010654_23385150.jpg

2日目 朝から温泉。戻ると朝食の準備が。これまた本当に美味しくて、
うまいー、うまいー、といいながら完食。こんな朝食なら毎朝でも食べたい。
チェックアウトの際に『お土産に』と、お食事の際いただいたお米を頂きました。

さて熊本城でも行きますか、と宿を出たものの、道路標識に黒川の文字を見つけ、
さほど遠くないことを知ると、「熊本城はいずれまた行く機会もあるだろうし、、」と黒川へ変更。
しとしと雨が降ってきましたが、黒川の雰囲気を更にしっとりとしたものに。

日帰り温泉と、シュークリームを楽しみ、車は次に無料の足湯があるらしいと杖立温泉へ。。
もうがっかりの極みの足湯だったのですが(笑)あちこちから硫黄の匂いと湯気が立ち上り、
ここもやりようによっては黒川みたいになれるのにー。

蒸気で卵をゆで卵にできる場所があって、そこにはゆで卵以外に「蒸し鶏 2時間(確か)」
という文字が。ここで?!と思いつつも、こんな場所が近所にあれば楽しいなと思う。

ここからしばらくロングドライブ。目指すは柳川。
途中あのサッカーの中津江村を過ぎるまでは割と元気でしたが、
その後延々と続くカーブにいつしかまぶたが重くなり、気がつけば寝ていた私。オットごめんなさい。
柳川に到着後は、舟遊び、、、というのが順当でしょうが、思ったより高くて、パス。
せいろ蒸しをありがたく頂きました。

お次は佐賀へ。途中、何事か、というぐらいの大雨。怖いー怖いーと佐賀市内。
昨日熊本城へいけなかったのでせめてもと唐津城へ。
このときはぴたりと雨がやみ、虹の松原も遠くまで見えます。

この日のお宿は波戸岬の国民宿舎。国民宿舎と侮るなかれ、
できたばかりなのか、すごくキレイ。(一番右)
海が目の前なので、快晴の日には夕日がきれいなのだろうなーと思うと残念。
昨日は山の幸を頂きましたが、今日は海の幸を。
ただ可もなく不可もなく、という食事でしたので、活きイカなどをたらふく堪能したかった私たちとしては、
宿で食事をとるのではなく、外で食べればよかったかなと後悔が残りました。
[PR]

by suomit | 2006-09-19 23:38 | 九州
2006年 09月 19日

九州ざっと1日目②

e0010654_23275117.jpge0010654_23275149.jpge0010654_23275161.jpg

その足で阿蘇のふもとのお宿 新和苑にチェックイン。
温泉のあとは、お部屋でお料理。
『とにかく沢山お料理が出る』とどなたかのブログで読んでいたので、
お宿に、宿代の金額の差はなんですか?と問い合わせると、
お肉の質とお料理の量です、というお返事。
もう年齢的に沢山はムリなので(間食が多いのだけか?)と一番安いコースにしましたが、
これでも大満足でした。(もちろん写真は一部です)
夜は焼酎を飲みながら更けていき、
窓の外には稲妻が走るたびに阿蘇の雄大なシルエットが。
[PR]

by suomit | 2006-09-19 23:27 | 九州