pelikan ニッキ

suomit.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 29日

落ち着かない・・

e0010654_1248474.jpgタンペレ駅へ戻り、切符を購入します。
朝のヘルシンキ駅での経験を活かし、
今度はタッチパネルで買うことに。
・・・・しかしマシンはスウェーデン語か、
スオミ語しか表示ができず、
結局しぶしぶ窓口へ。。
(切符は何の問題もなく購入できました)

← 電車に乗る前に駅のトイレへ。
ドアを開けた瞬間、トイレじゃないのかと思って
一瞬たじろいじゃったぐらい。
何故にブラックライト???
しかも個室はカガミ張り。
・・・・落ち着かないんですけど・・・。
[PR]

by suomit | 2005-09-29 12:48 | 北欧2005夏
2005年 09月 29日

マーケットそぞろ歩き

e0010654_12253260.jpgムーミン博物館から駅までの道をのんびり歩いていると
「KUAPPA HALLI」の文字が。
たしかストックホルムの市場には
こんな看板があったはず、、と中に入ってみると
そこは室内マーケットでした。

e0010654_12253224.jpg壮観!
家でちょっとまねをしたい気もするけど、
ちょっと怖いかな。。

e0010654_12282723.jpgはちみつはここでーす。

e0010654_12283791.jpgまだお昼を食べていなかったので、
ここでパンを購入。
お肉・お魚・お惣菜・デザートなどなど、
品揃え豊富な市場でした。
ストックホルムで行った市場に比べて
地元密着率が高かったように思います。
[PR]

by suomit | 2005-09-29 12:25 | 北欧2005夏
2005年 09月 28日

わお~

e0010654_1852197.jpg渋谷駅で見かけたポスター。
Finlandcafe2005始まりますね〜。
[PR]

by suomit | 2005-09-28 18:52 | memo
2005年 09月 26日

ムーミンを訪ねて

e0010654_22284211.jpg北欧6日目③
列車はTampereへ。
駅前はなんだか寂しい感じ。
そういえば、ユーロの持ち合わせもないので懐も淋しい。
2重に凹みながら歩いていると、突然開けた場所へ。
そこはバスターミナルと広場で、どうやら街の中心はこちらのようです。
(高知県でいうところの、高知駅とはりまや橋の関係ですね)
両替所のFOREXも見つけ、懐も安心です。

しばらく進むとTampereの市民図書館が見えてきます。
私たちの目的は、この地下のムーミン博物館
ここには原作の挿絵や挿絵を再現した41ものジオラマが。
このジオラマ(って呼び方でいいのかな)が本当にすばらしい!
わざわざ行く程なのかな?と迷っていた気持ちもなくなりました。
(←タンペレ劇場。た、、たぶん)


e0010654_22284259.jpg先だって原作を読んだばかりだったので感動もひとしおです。
館内は一切撮影が禁止なので手元に残せないのが残念な程。
例えば、うみうまに銀の蹄鉄を返そうとするシーン。
挿絵には蹄鉄は載っていませんでしたが
このジオラマのムーミンは手にしっかり
キラキラ光る蹄鉄を持っていたりする。

たくさんのジオラマをひとつずつゆっくり見てまわる。
一番の大作はムーミン屋敷。細かいところまで
再現されており見応え十分。意外と豪邸なのです。
エンマの劇場をモチーフにしたミニステージあり、
トーベヤンソンの直筆の挿絵あり。
何度も書き直した跡も見て取れます。
(←エントランスのパネルは撮影可)
ミュージアムショップはムーミンと全然関係のない
ものもあったりで、満足度にかけましたが・・
しかし、、Tampereまで来て本当に良かった。。(泣)
[PR]

by suomit | 2005-09-26 22:28 | 北欧2005夏
2005年 09月 26日

連休は

e0010654_1223521.jpg木曜日の夜から実家の福島へ。
金曜日 母と祖母とイトコの4人で高湯温泉へ。
ここの特徴はなんといってもその硫黄臭。硫黄がダメな人には
かなりきついと思われ。
私も得意なほうではないけど、
前回ここへ来たときかなりお肌の調子が良くなったので
入らずにはいられません。

前回とは違う立ち寄り湯でしたが
眺めも素晴らしく、翌日の肌の調子も良好でした。

帰りは磐梯吾妻スカイラインを越えましたが、
ここの景色の素晴らしさに驚きです。
子供のとき絶対に来ているはずなのに、
こんなにすごかったのか、、と今更ながらにびっくり。
まるで海外ですよ。海外。浄土平なんて
イメージ的にはニュージーランド。(渡航経験なし)

写真は実家に帰ると必ず立ち寄る喫茶店のドリア。
大きなエビが沢山入って、ベシャメルソースも素晴らしく、
ボリューム満点。
食後必ずそのカロリーに後悔するのだけど
やっぱりはずせません。
[PR]

by suomit | 2005-09-26 12:23 | travel
2005年 09月 25日

神に誓って

e0010654_9251445.jpg北欧6日目②

8時4分発のTampre行きのチケットを駅の窓口にて購入。
ストックホルムに比べ、話し方のトーンが
低いせいか、窓口の係員はちょっと無愛想にも映ります。
窓口では英語が必ず通じるわけではなく、
最初の窓口のおばさんには、ものすごいキョトンとされて
見兼ねたとなりの窓口のおじさんが
対応してくれました。
(まあ我が家の英語もひどい物なのですが)
無事チケットを購入。


e0010654_9251537.jpgさて、ホームには電車が入線済み。
オットの写真撮影の儀式が一通り終わってから
電車に乗り込みます。
と、私たちの席には既に老夫婦が。
あらあら、間違えちゃってるのね。あのご夫婦。。
でもまあ他の席も空いているし、いいか..と座って出発を
待っていたところ、発車10分前に自分たちのチケットが
次の電車(9時4分発)の物だったと判明、、。
(一枚目の写真参照)
あわてて窓口へ。
先程のおじさんにチケットの変更をお願いしたところ
「さっき、あなた9時4分発のチケットって言ったよ」と言われ
「神に誓ってそんなことは言っていない!」と(心の中で)叫ぶ。
「まあ同じ料金だし、今回はOKだ、ドンマイ」みたいなこと
をさらにいわれ、ノーと言えない日本人カップルの私たちは
笑顔でサンキューと答える(泣)


e0010654_9251585.jpgさて、気を取り直して(進行方向と逆向きのシートで。。)出発。

でも揺れも少なく、いろんな設備の整った
電車の旅は快適です。
ペットOKのシートやファミリー向けに小さい滑り台がついた
個室などもあるようです。
ビジネスクラスにはPCジャックやモバイル用のスペースも。
赤ちゃんのミルクを温める機械まで完備しております。

車窓はあっという間に空の青と雲の白、木立の緑の3色に。
時折赤い家や湖が顔を覗かせます。

車内販売のコーヒーと(ホテルから失敬した)クッキーで
ひと休みしたら、tampereはあっという間に。
[PR]

by suomit | 2005-09-25 09:25 | 北欧2005夏
2005年 09月 25日

イッタラで朝食を

e0010654_99353.jpge0010654_99313.jpge0010654_9934.jpg

北欧6日目

シモンケンタでの初の朝食。

噂には聞いていましたが、食器・カトラリーはイッタラ。
これだけ並ぶと圧巻です。
「うちはもうこれって決めてますので」っていう
潔さを感じられるほど。ストックホルムのホテルでは
観光客が目立ったけど、こちらはビジネスマンが多いかな。

お国柄サーモンもありました。
欲張りすぎて多めに取ったらちょっと気持ち悪くなっちゃった。。

今日は8時の電車で郊外へ行くので
ゆっくり朝食というわけにも行きません。
歯磨きをしたら、さて出発。
[PR]

by suomit | 2005-09-25 09:09 | 北欧2005夏
2005年 09月 21日

かまどさん

e0010654_5313713.jpg昨年のオットからの誕生日プレゼント。
長谷園のかまどさん 5合(!)炊き
それ以降ご飯はすべてこれで炊いている。

最初は時計を見ながらきっちり時間を
はかっていないと、焦がしてしまいそうで
心配だったけれど、蒸気の出具合で
炊き上がりがわかるようになった。
白米もおいしいけれど、
これでおかゆを炊くと本当に美味しい。
難点は重いこと。
洗うたびに割ってしまいそうで恐い。

今久しぶりに長谷園のHPを見たら
炊き込みご飯のいろんなレシピが
載っていた。
牡蠣ご飯なんて美味しそう。。。
[PR]

by suomit | 2005-09-21 05:31 | kitchen
2005年 09月 17日

24

e0010654_1215388.jpg24のvol4・5を見る。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
「彼」が〜。
前作との間にいろんな事があったんだねえ・・・・

そしてやっぱり彼も巻き込まれていく・・・・
[PR]

by suomit | 2005-09-17 12:10 | memo
2005年 09月 16日

北欧5日目③

e0010654_1230533.jpgヘルシンキに到着。快晴。
エアポートバス、、ではなく、エコノミーに路線バスで。
でもねー、乗り場がわからなくてねー。
親切そうなおばちゃんに聞いて、乗り場を発見。
(たいして迷うほどの場所でもなかった)
一人3.4EURO。白樺の並木が道の両脇に続き、
フィンランドへ来た実感がわいてきます。
ヘルシンキ市内へ入ってくると雰囲気はちょっと変わって
ロシアが混ざっているような。
もっと整然とした雰囲気かと思っていたけど、
少し雑多な感じも。
あちこちで工事が行われていたせいかな?
(もうすぐヘルシンキで世界陸上が開催されるときだったから?)
バスはヘルシンキの中央駅に到着します。
ヨーロッパの駅特有の、天井が高く重厚な造り。私の好きな
ヨーロッパの風景の一つ。

e0010654_12305396.jpgホテルはシモンケンタ。駅からは歩いて3分程度。
ありそうで、ないなと感じたのは、
部屋の床がフローリングだったこと。
エコロジーホテルということで、
ゴミの分別もしっかりできるようなゴミ箱になっています。
木とアルミを使ったシンプルなデザインに、
ランプの明かりやベッドカバーの赤がキレイです。
チェックイン後、荷物を置いてすぐ街へ。


e0010654_12305368.jpgmarimekkoが同じ通りに3つも4つもある。
なんでまた??
どの店舗もセール期間中。

日本では見たことがない
テキスタイルが山のようにあります。
か・・・買いたい。。。でも今日は見るだけ見るだけ。
aarikkananso、アアルト設計のアカデミア書店、Stockmanなどなど。
丁度この日からザリガニ解禁日ということで、
ディスプレイもザリガニものが目立ちます。
iitalaとartekによった時は、軽く興奮状態。
この2軒に立ち寄っただけでも、今日の収穫ありだな、位。
ストックホルム同様、こちらもどのお店も外に
テーブルを出して、みんな思い思いに短く長い夏を
楽しんでいるよう。


お腹が空いてきました。今日の疲れも出始めています。
どちらからともなく、今日は米だな、米、米・・・
と、米を求めてさまよいだし、ついに、手を出してしまいました。。。

「中華 長城飯店」

北欧に来てまで・・。
ヌードルスープ・麻婆豆腐・チャーハン・ビール。
後ろめたさとは裏腹に、満たされていく胃袋・・・。
麻婆豆腐にも丼のご飯がついてきて、それプラスチャーハンとなると
ちょっと計算外だったけど。(どうでもいいか・・)
ヌードルスープを食べてみて、いかに日本はカップラーメンでさえも
美味しいのかわかった気がする。こんなラーメン私は認めないよ(どうでもいいか・・)

箸の文化圏外の国で、中華や和食を食す時、箸を自由自在に操れる自分が好き、
みたいな自分がいる(笑)隣の席が欧米人だったりすると、ちょっと張り切ったり。
きっと外国で箸を使うことなんて、今じゃそんなに珍しくもないのに。。

ホテルへ戻ってホテルの地下のサウナへ。
はて、どんな流儀なのかさっぱりわからないので、
軽く緊張しながら向います。
・・が、もう終わっていました。がっかり8割、安堵2割、といったところ。
部屋に戻ってやっと荷物を全部クローゼットにしまったり、本を読んだり、
思い思いに過ごしヘルシンキの1日目は過ぎてゆくのでした。
[PR]

by suomit | 2005-09-16 12:30 | 北欧2005夏