pelikan ニッキ

suomit.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 31日

ターキーサンドの出所は(北欧3日目)

e0010654_238176.jpg7月18日 北欧3日目
友人の結婚記念日。アサタおめでとう。
6時半起床 今朝も朝からガッツリ。
昨日食べてみて美味しかったターキーのハムを中心に攻めます。
オットが「あ、今の人パンもって帰った」の一言から私たちも善からぬ行動に。
二日目にしてパンをサンドイッチにして持ち出します。
なんという進化。中身はチーズとターキーでお願いします。
ではお掃除お願いしますね。


e0010654_1148494.jpg8時 バスで市庁舎へ。さすが石の文化。ツタの絡まる中庭に入るや否やため息。
強い日差しと、石が作り出す影との明暗もきれい。
そこへ、日本人の団体客がやってきて、ガイドさんがいろいろと説明を始める。
我が家はこういう場面に遭遇したときはすかさず近づき、
さりげなく話を聞く。でもここは北欧。しかもまだ早い時間。
紛れ込める程周りに他の日本人もいないので、
今回は遠くから指を加えて見つめるのみ。
市庁舎の脇にぐるっと回ったらなんでまたこんなところに、
という感じで棺の上に横たわる黄金の像があった。
ドラクエだったらかなりの重要アイテムだね、とどうでもいい話。
そのまま歩いてガムラスタンへ。
昨日に比べ人ごみもなく、さらに昔に戻ったよう。
大聖堂へ。球体の燭台が印象的。しばらく静かにゆっくりと中を歩く。


e0010654_2385089.jpg次は観光船にて海からストックホルムをみることに。
ヘッドフォンで日本語のガイドも聞ける。
現地の人かと思っていた人がドイツ語のチャンネルに合わせていたり、
アメリカ人かと思った親子がスオミ語を選択していたり、
私の判断力もいかがなものか。
船は運河をゆったり進む。ストックホルムの住宅事情の歴史などもわかったりして
なかなか面白い1時間だった。案の定オットは隣で船を漕いでいたけれど。


e0010654_2393772.jpgおなかも空いてきました。
エステルマルム市場へ。風情のある建物。
なぜ海外の野菜売り場ってこんなにきれいなんだろう。。
チーズやハム、ジャムやパン、生鮮食品、どれも美味しそう。
ここで焼きそば、ソーセージ、ポテトグラタンをテイクアウト。
国立図書館の庭で(今朝持ち出した)サンドイッチと
昨日スーパーで買って持ち歩いていたバナナも添えて昼食。
都会なのに、こういったのんびりできる場所が
特別に柵に囲まれているわけでもなく、たくさんあるって本当に羨ましい。
腹ごしらえも済んだら午後は買い物。
10グルッペンGRANIT、デザインターゲットなどなど。


e0010654_2421536.jpg 交通博物館へ。
なんともうら寂しい場所にぽつんと建っている。
外から見た感じではあんまり中も期待できないなあ。。
と入ったところ、、、もう中はすごい広い。
そしてストックホルムの歴代のバスや電車の実物が
もう所狭しと並んでいる。展示を超えて、え?車庫っていうぐらい。
乗り物好きのオットはあっという間にどこかに消えました。
遠くから聞こえるシャッター音のみが彼の存在を示しています。
私はといえば、やっぱりジオラマです。
中庭で読書中。   
 

e0010654_2422587.jpgあ、煙突掃除屋さん。
ジオラマ以外では昔のキオスクもそのままの大きさであったり、
バスの下に潜り込めたり、いや〜楽しい。館内にひかれたレール、なんなのかな?
と思ったら子供が小さい電車に乗って一周してました。
お客は私たちを含め3組ほど。同じフロアにはおもちゃ博物館も。
こちらも所狭しといろんなおもちゃが。
マックのハッピーセット風な美女と野獣のおもちゃが
ガラスケースに並んでるのに、時代物であろうテディベアが
ケースの上に無造作に置かれていたり。

体力にまだ自信があったのでIKEA
無料のシャトルバスの乗り場へ向かっているところ、
向こうからバスが!走って近づき、乗りたい気持ちをドライバーにアピール。
と、停まってくれました。
バスは進行方向逆というシートが2席だけ残っていた。
どうみてもIKEAに行かないでしょう?!っていう人が半分位の気もするんですが。
高速で約20分、IKEAの総本山に到着。
バスを降りてIKEAへ。案の定乗客の半分は逆方向に。さて、それはされおき、噂通り広い!
去年台湾のIKEAは経験済みだったけれど、
そこよりももっと広い。台湾にはなかったペットコーナーも。
あまり買わないつもりがレジへ向かう頃には結構な量に。
最後のラッピングの台が面白くて意味もなくいろんな物をラッピング。

e0010654_2435055.jpgもう帰りのシャトルバスは終わっているので、SLのバスと地下鉄でホテルへ。
さすがにもうヘトヘト。。。
外食する気力もないので、駅のすぐ近くの113 50というカフェでテイクアウト。
ここは外からみただけではわからないけど、中はすごいオサレ。でも驚くのはその量。
パスタサラダを頼んだらどんぶり大のカップに
ショートパスタのサラダをこれでもか!と入れてくれる。
目が欲しくて買ったキッシュにも同じ大きさのお皿に
かなりの量のサラダがついて来た。しかも二つで100クローネ程度。
店員さんもステキでそして、とても親切。こうやって写真を見ると、
不思議なことに「あのときの味」ってよみがえってくるもんだな。。
ホテルに帰ってビールを飲んで夕食。すごく美味しい。
でも全然食べきれずパスタサラダは半分のこった。ヘトヘト。ビールも飲みきれず、就寝。
夜中物音に起きたらベッドとベッドの間にオットが落ちていた。
[PR]

by suomit | 2005-07-31 02:22 | 北欧2005夏
2005年 07月 29日

買ったビールの行方は。(北欧2日目)

e0010654_0321775.jpg7月17日 北欧2日目

6時起床 旅行に出ると、いつも早起きになってしまう。シャワーを浴びて身支度をしたら朝食。パン、チーズ、ハム、ヨーグルトが豊富。朝からたっぷり頂く。雲ひとつない天気。さて、出かけます。
天気がよかったので、中央駅へは散歩がてら歩いて向かう。4月の朝のような、ひんやりした空気。人もまばら。途中で教会の鐘がなります。中央駅で72時間のストックホ ルムカードを購入。さて、もとはとれるのでしょうか。

e0010654_0324685.jpg まずはバスでヴァーサ号博物館へ。ヴァーサ号は、1628年の処女航海で突風に襲われ、まだストックホルム港内にいる間あっけなく海底に沈没。発見から引き上げまで5年。333年の海底生活から目覚めた。期待度は低かったのだけれど、入った瞬間、その大きさに圧倒。
船尾のすばらしい彫刻、そしてその意味。昔は鮮やかな色で彩られていたのだとか。当時の船内の再現、船員の持ち物、沈没時の様子などなど、展示物そのものだけではなく、展示の仕方も面白い。そして私にとって博物館には欠かせないジオラマも。ミニチュアの船内には牧師さんやお医者さんも。寝ている人もいれば酔っ払いもいます。後ろ髪を引かれる思いで館内を出て来た頃にはだいぶ時間も経っていて、海を観ながらアイスクリームを食べてしばし休憩。

 e0010654_0333195.jpg 歩いてスカンセン野外博物館へ。ベーカリーでパンを買って食べたり、雑貨屋でバターナイフやスカンセンティなるものを買ったり。本当はもっとゆっくり観て歩く予定でいたのに、もう足もパンパン。朝から飛ばしすぎました。ケーブルカーを見つけて、これ幸いと乗り込んだら、なんと気がつけば博物館の外へ。まだギフトショップに行ってなかったので、ぐるりと回って(果てしなく遠い)メインエントランスへ。苦労の甲斐もなく、お土産屋さんでは見るだけで手ぶらで退散。

トラムに揺られて中心地まで戻ります。途中降り出した雨はcoffee cupで雨宿り。
NKやオーレンスシティなどへ。街中がセールの真っ最中。オーレンスでは、イッタラの花瓶がセールで半額に。当然日本で買うよりはずっと安い。ど、どうする。なんども花瓶の前をウロウロ。でもこれからフィンランドへも行くし、ここはそちらに希望を託す事に。Klippanのブランケットもだいぶ安い。日本でずっと高く買っちゃったよ(泣)
オーレンスの地下はHemkop。パッケージを存分に楽しんで、買って帰れないものに涙を呑み、寝酒のビールとポテトチップスなどを購入(まだ買わなくてもよかったのに・・・)。そういったわけで重い荷物も増え、一旦ホテルに戻ります。。

身軽になったら今度はバスで出かけます。とりあえず来たものに乗ってみると、どうやらガムラスタン方面へ向うみたい。海沿いに建つ建物を眺めつつ、スルッセンで下車。あ、coop konsum。とりあえず入ります。やっぱりビールだけじゃ寂しいだろうとジン(エッセンス)の小瓶を購入。お店をでるとカタリーナ通り。ふと見上げるとストックホルムで最も古いと言われるSTOMATOLのネオンサインが。偶然の出会いは嬉しいもの。ブラブラ歩いてガムラスタンヘ。こちらは観光客でにぎわっています。石畳の路地をのんびり散策。国は違えど、アメデオとマルコが走ってきそうな。

e0010654_0342432.jpg そろそろおなかの空く時間。でもこれだ!というお店がなかなかなくて、しばらくレストランを探してさまよえる民に。さっき通り過ぎたあのピザ屋さん、入っておけばよかった、などと猛烈に後悔。
結局バスでホテルまで戻り、ホテルから歩いてすぐのHoffmann'sというお店へ。家族連れや、常連らしきのお客さんでにぎやか。ここでもミートボールとビール。そしてカルボナーラ。とても美味しくてあっという間に完食。
お会計の際にお口直しのキャンディーではなく、GEISHA チョコをもらった。おー、これが噂の。食べてみて、、、うーん、お土産にするのはやめようかな。お腹がいっぱいになったら眠くなってしまって、買って来たビールやジンの出番もないままあっという間に就寝。
[PR]

by suomit | 2005-07-29 00:22 | 北欧2005夏
2005年 07月 27日

美味しく完食

e0010654_1304483.jpg先日Mちゃんから届いた青森の海の幸!
宅急便で届いて30分後にはお刺身になっていました。
甘くて、美味しくて、幸せ。沢山送って頂いたのに、贅沢にもがんがん食べちゃって、あっという間に完食。本当はお刺身になった写真も、と思っていたのに、撮り忘れる位、ホタテに夢中。
 
Mちゃんは殻を剥がす手間を心配してくれたけど、こういう作業って嫌いじゃない。むしろ好き。サザエも食べるのは苦手なくせに貝から出す作業は好きだったりする。
この殻を剥がす為のヘラもホタテと一緒についてくるのだけれど、これって紅茶の缶を開けたり、お味噌をすくったり、何かと便利につかっています。
Mちゃん本当にありがとう。
[PR]

by suomit | 2005-07-27 01:30 | food
2005年 07月 25日

7月16日 出発

e0010654_2154729.jpg5時 起床 とりあえずテレビをつけて二度寝。夢にずっとアグネスチャンがでる。
起きたら、テレビにアグネスがでている。そういうことか。
7時 出発 この時点で既に遅れ気味。京成スカイライナーにて成田へ。
SAKU SAKUとスローダンスの録画を忘れていた・・・
連休なので混むだろうと踏んで一応早めに空港へ到着するも
SASのカウンターはガラガラ。
チケットもあらかじめ自宅に送ってもらっていたので、
あっという間にチェックイン終了。
本を買ったり、飛行機見ながらおむすび食べたり。
今回の旅行では、とりあえず気になる場所はもれなく行ってみよう、と二人で決める。
12時 搭乗  では、行ってまいります。

e0010654_22133813.jpg機内では映画を2本、2回の食事。
赤いブランケットに首までとっぷり漬かって寝るオットよ。
ダライ・ラマのようだよ。一方私は、疲れているのに眠れぬまま。
あっという間にコペンハーゲン・カストロップ国際空港へ。
降りた瞬間木の匂い。ガラスもふんだんに使われ明るい空港。
ここでEU入国のスタンプを押してもらい、さらに気分も高まります。
空港内には世界3大ガッカリの人魚姫の像も。
Illmusなどを覗いていたら、あっという間に乗り換え時間。

e0010654_22143062.jpg小さい飛行機にも関わらず、乗客は少数。3人分の席に一人ずつ、といった具合。
短いフライトにも軽食が。コーヒーミルクはarla。ストックホルムは間近。
眼下には緑と湖が。一家にひとつ湖があるんじゃないかと思う程。
アーランダ国際空港からはアーランダエキスプレスにて20分。夏の特別価格、
2人で200クローネ。クレジットカードで購入のため、未だ両替しておらず。
スピードはあっという間に200キロを超え、外気温は20度。
中央駅に到着。両替を済ませ、地下鉄にてホテルへ向かう事に。
次の地下鉄が来るまで20分もある。あんまり地下鉄走ってないんだな、
と時刻表を見たら、その次はそれから3分後にくるみたい(笑)

e0010654_12132687.jpgホテルはBirger Jarl。チェックイン後、ホテルの周りを散策。
もう夜なのに、まだまだ明るい。
どのお店も外にテーブルを出して短い夏を存分に楽しんでいるよう。
夕飯はその中の一軒で。
リンゴンベリーソースで食べるというミートボールとカールズバーグ。
甘いソースで食べるミートボール??って不思議だったけど食べてみて納得。
まだまだ明るいけど、もう遅い時間。明日の予定など話つつ、就寝。
[PR]

by suomit | 2005-07-25 21:54 | 北欧2005夏
2005年 07月 15日

早く貸してください

e0010654_12271496.jpg今は納豆巻きを食べてパソコンに向ってるけど、明日の今頃は空の人・・・
その前に本当になっんも準備をしていない。なのに本ばかり増え続け。。
でもこのGlyph.の「Stockholm」、すごくよい。ドイツの二の舞は踏まぬよう、
パスポート・クレジットカードの次に、この本持ったか確認しよう。
今夜はオットと三茶のシアタートラムで「新編・吾輩は猫である」を鑑賞予定。お芝居を見る前に原作を読むことを薦められ、本屋さんに走るも、その厚さに閉口。
帰宅後、オットに赫々云々伝えたところ、なんと10分で読める吾輩は猫である、
といった本を買ってきたとの事。スバラシイ。
でもまだその本がオットから回ってこないんですけど(泣)
しかも今日は劇場で待ち合わせなんですけど。開演前に読めと?
[PR]

by suomit | 2005-07-15 12:27 | book/cinema/play
2005年 07月 14日

やっぱり夏は

e0010654_134213.jpg今日は会議。お弁当は美國屋のうな重。
私は会議に参加しないくせに、一緒に頼んじゃったよ。
今までは、会議のお弁当で鰻、となると
大島やだったのに、今は営業していない様子。
大好きだったのになー。どうでもいいけど、店内に、時の人貴乃花のサインがあったな。。。
やっぱり暑い夏は鰻だね、ってうちの会社、クーラー効き過ぎなんですけど。
クールビズってなんですか(泣)?
[PR]

by suomit | 2005-07-14 13:04 | food
2005年 07月 12日

北欧案内

e0010654_2314466.jpgまだ北欧への旅行が具体化する前に買った北欧案内
行ってみたいなあ、、と眺めるより、実際に週末行くんだと思いながら眺めるとでは、気分も違ってきますわな。しかし、いろんな本や、HPを見て楽しんでいる割に、全然きちんとしたスケジュールはたっていなかったりするのであった、、。
そういえば新婚旅行のドイツはバックパックでの旅行だったにもかかわらず、家にガイドブックを忘れていった。各地のインフォメーションセンターでぎこちない日本語に訳されたパンフレットをあつめ、それでなんとかなった。いや、なんとせざるを得なかった(泣)。フランクフルト〜ローテンブルク〜フュッセン〜ミュンヘン。。。あれはあれで楽しかったな。そういえば、当時は(6年前)まだネットでこんなにたくさんの情報が得られる時代ではなかった気がする。ホテルの予約もファックスだった。世の中便利になりました。
[PR]

by suomit | 2005-07-12 23:01 | 北欧2005夏
2005年 07月 11日

初めての韓流

友達に借りていたイ・ビョンホンの「誰にでも秘密がある」を見た。
あれほど、韓流の波が日本中に押し寄せていたのに、私のところにその波はまったく押し寄せてこず、きちんと見たのはこれがはじめて。
勝手にイメージしていた韓流映画のイメージと全然違っていたので驚いた。イメージは覆されたものの、同じ事柄をいろんな人の視点からなぞらえ直すというスタイルは本にしろ映画にしろ好きなので、楽しかった。
[PR]

by suomit | 2005-07-11 16:14 | book/cinema/play
2005年 07月 10日

家で好きな場所その1

e0010654_84341100.jpg使うたびに、ああ、いいな、ってしみじみ(笑)
でもガゲナウのコンロは、
着火までにちょっと時間がかかる。
面倒ながらも、それに慣れてしまったので、
この間知り合いの家で他社のコンロを使ったとき、
瞬間で火がつくので、ちょっとびっくりした。
[PR]

by suomit | 2005-07-10 08:43 | kitchen
2005年 07月 09日

これから掃除です

e0010654_11581177.jpg共働きなので、掃除は週に1、2度集中的に。
旅行前にきれいにせねば。今家は大変な事になってるよ。
この間の京都旅行の時は、家の中が雑然としたまま旅行に出てしまい、帰って来た時に、どっと疲れが出てしまった。あのときの過ちは繰り返すまい。。。
我が家の掃除機は、とにかく、重い。。。。でもとにかく吸う。毎回掃除の後に、どこにこんなホコリが!?と思う。
でもそれって、毎日こまめに掃除機かけないからか?
[PR]

by suomit | 2005-07-09 11:58 | memo