pelikan ニッキ

suomit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:travel( 91 )


2010年 03月 08日

松山メモ

e0010654_10185192.jpg友達が絶賛してた霧の森大福
お昼過ぎに買いに行ったら、開店後1時間で売り切れたというので
翌日開店前に並んで購入。
抹茶の苦みとクリームの控えめな甘さがよし。
抹茶のお菓子を食べるとき、、、、、
飲み物は何がいいのだろう、とちょっと迷う。

e0010654_1019034.jpg坂の上の雲ミュージアムから萬翠荘を望む。
ミュージアムについて何も知らず行ったのですが、
「・・・・・この、、、、コンクリート三昧は、、、、ひょっとして」
と、案の定、安藤忠雄なのですね。
勝手な想像では、少し前まで「坊ちゃん」が幅を利かせていた
松山も、今やミュージアムの完成や
年末のNHKのドラマの影響で、坂の上の雲一色という印象。
我が家も未読ながら秋山兄弟の生家・愚陀佛庵
・子規記念博物館と周り、半分読んだような気持ちに。
子規記念博物館では、朝日新聞編集委員一色さんの講演が。
ちゃっかり聴いているうちに旅の疲れで気がつけば寝ていた・・・・・
一色さんスミマセン。。。
秋山兄弟の生家ではおそらくボランティアなのであろう方が、
ガイドをしてくださり、秋山真之の連合艦隊解散の辞なども朗々と読み上げてくれ、
よくわからんけど、思わず涙、、という感じなのですが、
時々早口すぎて、途中「え?」「え?」と。そこだけ残念。


e0010654_1019812.jpgロープウェイ街の入口のスタバで見かけた散歩中のイヌズ。
前の日ににきたつ庵の前でも遭遇。
大きなイヌズは散歩範囲も広い。
[PR]

by suomit | 2010-03-08 23:22 | travel
2010年 02月 23日

アンカサホテル&オリエンタルヴィラ

e0010654_11572260.jpge0010654_11574093.jpge0010654_11595438.jpg
今回の宿泊はアンカサホテル
どの辺の場所かも気にせずに予約したら、
結構中心街から離れていました。

道後温泉界隈で夕飯をすませ、駅からタクシーで移動。

とびきりゴージャス!ラグジュアリー!というわけは無いですが
このまま長逗留したいほど、
小ざっぱりと、清潔で、新しく、欲しいものが欲しい場所にきちんとあるホテルでした。

朝食はお部屋かレストランでということで、お部屋にお願いすることに。
従業員が入ってきたときに、ノーメークでパジャマでもなあ、、と
準備万端!にしていたら、ドアの脇に廊下側から朝食を
入れておけるスペースがあり、従業員を中に入れずとも、朝食を受け取れる
サービスは、女性にはうれしいかと。
朝起きて、ベランダに出たら、目の前が、
黄色い瓦屋根のお城のようなラブホテルだったことが
残念でしたが、オットや友達と松山に来た際はまた泊まってみたいホテルでした。
[PR]

by suomit | 2010-02-23 11:59 | travel
2010年 02月 21日

にきたつ庵

今回松山を訪れるにあたって、一切ガイドブックなどを
もって行かなかったので、観光案内所で入手した地図を頼りに「にきたつ庵」へ。
道後温泉本館から徒歩5分ほど。水口酒造の経営するお店。
CPよし、です。
e0010654_11112738.jpge0010654_1112930.jpgビールで乾杯の後は、日本酒で海の幸。
 e0010654_11124162.jpg e0010654_11233336.jpg
せんざんき(伊予地鶏のから揚げ)と、かんぱちかま塩。
ざんきといえば、北海道でも確か鶏のから揚げのことを
ざんきといったような。 
e0010654_11131968.jpge0010654_11133979.jpgかき揚げとアナゴのてんぷら
 e0010654_11135713.jpge0010654_111412100.jpg
牛肉の道後ビール煮込みシチュー(絶品!)
辛口の日本酒もいただきます。
カウンターの後ろには銘酒の数々が。
e0010654_11143028.jpg愛媛にきたら絶対に食べたかった鯛茶漬け。

しかし、旅行ハイで完全に食べすぎ。
 
[PR]

by suomit | 2010-02-21 11:11 | travel
2010年 02月 21日

道後温泉

e0010654_10353342.jpg道後温泉。
建物が見えたときに、ついにきた!と興奮。
(1階の神の湯のみだったせいか?訪れた時間のせいか?)
観光客よりも地元のかたの比重がおおかったような。
もうちょっと、観光観光してるのかと思った。
ちょっと熱めのワタシ好みの湯加減。

e0010654_10415215.jpg風呂上りは場所を移動し
道後ビールで、プハー。
[PR]

by suomit | 2010-02-21 10:42 | travel
2010年 02月 20日

オット 顔ハメ看板 in 松山

e0010654_11424375.jpg松山城
e0010654_11443681.jpg坊ちゃん
e0010654_11445516.jpgうらなり
肩に自分の手をかけてしまったところが
かわゆすポイント
e0010654_11451072.jpg正岡子規 with 秋山兄弟
[PR]

by suomit | 2010-02-20 11:47 | travel
2010年 02月 19日

松山

オットの実家から海沿いの電車に揺られ、
やってきました。
e0010654_11191294.jpg路面電車のまち 松山
路面電車のあるまちは ええのう 
e0010654_11205761.jpg旅に出たなら、まずは高いところへ!ということで
リフトに揺られて(寒かった・・・・・・)
まっとうな人たちは、ゴンドラに乗っていました。
e0010654_11235560.jpg名城 松山城
侍の似顔絵は必見です。
[PR]

by suomit | 2010-02-19 11:24 | travel
2010年 02月 14日

帰省

e0010654_1423492.jpgオットの実家へ レッツゴー

e0010654_14922.jpg本棚の少年少女日本の歴史(幕末の風雲 編)を寝床で読む。
[PR]

by suomit | 2010-02-14 14:09 | travel
2009年 10月 14日

母娘旅行’09

e0010654_9332294.jpg大津から帰ってきた翌日、
母と奈良・京都の旅へ。

一人で京都に泊まり母を待っていても良かったような・・

ともかく、金曜日の早朝、オットとイヌを残し、私と母は西へ。
京都で乗り換え一気に奈良へ。
途中の駅で目の前に来た急行へ乗り換えたとき、
父の大親友にバッタリ会う。
(Sさんも住まいは関東なので、なぜこんなところで、、という思いで、
はじめなかなか声がかけられず)
Sさんご夫婦もこれから奈良に観光に行くとのことで、
翌日、京都で一緒に夕飯でも、という約束をして別れる。
父が生きていたらさぞかし喜んだであろう。

興福寺→東大寺→春日大社と、去年オットと観光したそのままの
行程。
一か所に滞在する時間が長いので、この日はここでタイムアップ。
旅館へ戻り(猿沢池 よしだや)、お風呂に入って
夕飯は、ならまちの長屋を改築したのであろう、、のお店へ。

二人でお酒を飲みながら、今日のように、会う約束をしたものの、
実際に会うまでの時間が憂鬱でたまらない、という
母娘の共通点の話に花を咲かせ、やっぱり私のこんな性格は
母譲りであったのかと思う。

寝る前にライトアップされた興福寺の五重塔が見える露天風呂に入り、一日目は終了。

2日目
[PR]

by suomit | 2009-10-14 09:34 | travel
2009年 07月 13日

'09 友情 番外編 その2

e0010654_1546526.jpg北海道で買った北斗物語
ソーセージと
moco邸で持たせてくれたお土産のアスパラガス。

帰ってきたその日に食す。
[PR]

by suomit | 2009-07-13 07:46 | travel
2009年 06月 30日

'09友情 番外編その1

北海道で食べたアムプリン
ワタシのプリン、ベストハウス図鑑に載せましょう。
e0010654_9552147.jpg
オーブンペーパーとか、ワックスペーパー好きをわしづかみにするお姿。
e0010654_9554753.jpg
おお、と暫し眺める。甘い香り。
e0010654_956592.jpg
チーズケーキのように切り分けて食べる。
思っていたより甘さは控えめ。
うまい(゜-Å)
うますぐる(゜-Å)

北海道から帰ってきても、時々アムプリンのHPを見て
ボーっとしている。
特にコロのページが大好きだ。

 プリンを焼いてるあいだ、
何回も「コロみようっと」と言って窓からコロをみると、かわいくてかわいくてしょうがない。
 コロはかわいいのが仕事だけど、しっかりその仕事をこなしている。


と書いてあるページがあり、
我が家のペエスケも今まで無職だと思っていたけど、そうか、
ペエスケはかわいいことが仕事だった。

e0010654_101851100.jpg 業務遂行中。
[PR]

by suomit | 2009-06-30 09:56 | travel