カテゴリ:九州( 15 )


2006年 09月 19日

九州ざっと3日目

e0010654_23501779.jpge0010654_23501897.jpge0010654_23501899.jpg

3日目 今回の旅でどうしてもいきたかった呼子へ。
小さな港に『いか』の文字のオンパレード。
他県ナンバーの車も目立ちますので、ものすごく大きな市が立つのでしょう、と思っていたのですが、
港の大きさにあわせこじんまりした市でした。
でもイカの天ぷらを食べたり、試食の一夜干を食べたり、イカシュウマイを食べたり、
いったり来たりしながら、最後にはしっかり発泡スチロールに沢山のイカ。ウヒヒ。

今日は帰る日だから時間がないーといいつつ、窯元によってもらったあとは、大宰府へ。
目的は梅が枝餅を食べるため。しっかり目的を果たし、お参りもしたら、
最後のランチはどうしましょう。

立ち寄ったコンビニで九州のガイドブックを見て、元祖長浜ラーメンへ。
替え玉をして、うー、苦しー、といいながらも、最後は絶対立ち寄りたいと
小倉のシロヤとときわばしへ。
しっかりお土産も買って、北九州空港へ飛ばします。
振り返れば、何かを食べる目的のために動いていた旅だったような。。。

思いつくままな動きで長いこと運転してくれたオット、ご苦労様でした。

今度は鹿児島あたりを中心に攻めてみようかと思っております。
[PR]

by suomit | 2006-09-19 23:50 | 九州
2006年 09月 19日

九州ざっと2日目

e0010654_23385164.jpge0010654_23385112.jpge0010654_23385129.jpge0010654_23385150.jpg

2日目 朝から温泉。戻ると朝食の準備が。これまた本当に美味しくて、
うまいー、うまいー、といいながら完食。こんな朝食なら毎朝でも食べたい。
チェックアウトの際に『お土産に』と、お食事の際いただいたお米を頂きました。

さて熊本城でも行きますか、と宿を出たものの、道路標識に黒川の文字を見つけ、
さほど遠くないことを知ると、「熊本城はいずれまた行く機会もあるだろうし、、」と黒川へ変更。
しとしと雨が降ってきましたが、黒川の雰囲気を更にしっとりとしたものに。

日帰り温泉と、シュークリームを楽しみ、車は次に無料の足湯があるらしいと杖立温泉へ。。
もうがっかりの極みの足湯だったのですが(笑)あちこちから硫黄の匂いと湯気が立ち上り、
ここもやりようによっては黒川みたいになれるのにー。

蒸気で卵をゆで卵にできる場所があって、そこにはゆで卵以外に「蒸し鶏 2時間(確か)」
という文字が。ここで?!と思いつつも、こんな場所が近所にあれば楽しいなと思う。

ここからしばらくロングドライブ。目指すは柳川。
途中あのサッカーの中津江村を過ぎるまでは割と元気でしたが、
その後延々と続くカーブにいつしかまぶたが重くなり、気がつけば寝ていた私。オットごめんなさい。
柳川に到着後は、舟遊び、、、というのが順当でしょうが、思ったより高くて、パス。
せいろ蒸しをありがたく頂きました。

お次は佐賀へ。途中、何事か、というぐらいの大雨。怖いー怖いーと佐賀市内。
昨日熊本城へいけなかったのでせめてもと唐津城へ。
このときはぴたりと雨がやみ、虹の松原も遠くまで見えます。

この日のお宿は波戸岬の国民宿舎。国民宿舎と侮るなかれ、
できたばかりなのか、すごくキレイ。(一番右)
海が目の前なので、快晴の日には夕日がきれいなのだろうなーと思うと残念。
昨日は山の幸を頂きましたが、今日は海の幸を。
ただ可もなく不可もなく、という食事でしたので、活きイカなどをたらふく堪能したかった私たちとしては、
宿で食事をとるのではなく、外で食べればよかったかなと後悔が残りました。
[PR]

by suomit | 2006-09-19 23:38 | 九州
2006年 09月 19日

九州ざっと1日目②

e0010654_23275117.jpge0010654_23275149.jpge0010654_23275161.jpg

その足で阿蘇のふもとのお宿 新和苑にチェックイン。
温泉のあとは、お部屋でお料理。
『とにかく沢山お料理が出る』とどなたかのブログで読んでいたので、
お宿に、宿代の金額の差はなんですか?と問い合わせると、
お肉の質とお料理の量です、というお返事。
もう年齢的に沢山はムリなので(間食が多いのだけか?)と一番安いコースにしましたが、
これでも大満足でした。(もちろん写真は一部です)
夜は焼酎を飲みながら更けていき、
窓の外には稲妻が走るたびに阿蘇の雄大なシルエットが。
[PR]

by suomit | 2006-09-19 23:27 | 九州
2006年 09月 19日

九州ざっと1日目①

e0010654_2321190.jpge0010654_2321282.jpge0010654_232126.jpg
1日目 SFにて北九州空港へ。レンタカーで熊本まで一気に移動。
黒亭でラーメン。熊本城に寄ろうかと思うも、空模様が怪しくなってきたので
雨が振りだす前に阿蘇方面へ。
途中、地図で「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅を見つけ、
そういえば日本一長い駅名だったのでは?と寄ってみました。
特に何があったわけではありませんでしたが(笑)
草千里ヶ浜、米塚などでワーとかウヘーといいながらドライブ。
日本じゃないみたい。
トンネルの上に牛がいるよー。
[PR]

by suomit | 2006-09-19 23:21 | 九州
2006年 09月 17日

九州で食べたもの お昼ご飯編

e0010654_8583655.jpge0010654_8583618.jpge0010654_8583670.jpg
(左)元祖長浜屋ラーメン。
ここは台湾か!と見まごうばかりのお店の雰囲気(笑)欲張りすぎて替え玉したら苦しかったー。
(中)柳川 元祖本吉屋特せいろ蒸し。
以前テレビで見てから、一度食べたいなあー、と思っていたのですが、
オットは以前に食べた事があるというし、オット一人に運転をお願いしている身なので、
申し訳ないかなー、と思っていたのですが、オットの方からの「行こう、行こう」と。(喜)
うなぎのタレだけでご飯が食べられる私ですので、タレがしみ込んだご飯に
ふっくらうなぎ、もうたまらんです。
(右)熊本 黒亭 ラーメン
お店に入るまで少々並んだのですが、ものすごいニオイに、
真剣に嗅いじゃだめ!と体が訴えるほど。
でもいざ食べてみると、ニオイは気にならず。
今まで食べた熊本ラーメンで一番!スープが特に我が家好み。
[PR]

by suomit | 2006-09-17 08:58 | 九州
2006年 09月 14日

黒川温泉

e0010654_2350132.jpge0010654_23501317.jpge0010654_23501418.jpge0010654_23501416.jpg
旅行前には情報集めにネットサーフィンや本屋さん巡りに忙しいのですが、
いざ旅行が始まってしまうと、思いつくまま気のむくまま、ということが多い私。
今回の旅行でも行くつもりは全くなかったのですが、
道路標識に「黒川温泉」の文字を見つけると、行ってみますか、となりました。
温泉手形で3箇所の立ち寄り湯が可能ですが、そんな時間もないので、
手形はやめて、とにかく黒川温泉っていえば、あの洞窟のお風呂じゃない???と新明館へ。
ここから黒川温泉が始まったのですねえ。
温泉ライフの1ページを飾るに充分の名湯でありましょう。
(もうちょっと熱いとさらに良かったかな)
[PR]

by suomit | 2006-09-14 23:50 | 九州
2006年 09月 13日

隆太窯

e0010654_22592351.jpge0010654_2259235.jpge0010654_22592389.jpge0010654_22592347.jpg
本当は呼子から真っすぐ太宰府に向かう予定でいたのに、
やっぱりせっかくだし!とオットに舵の変更をお願いして山道をくねくねくねくね。
到着した隆太窯は段々畑に囲まれた静かな山の中。
目立って大きな看板もないので、本当でここで良いのかしら?
すみませーん、と声をかけると、
ギャラリーはこの下ですのでご自由にみてくださいね、とのお返事。
唐津焼のならぶギャラリーはステンドグラスと太い梁が印象的な蔵の中でした。
ショーケースに入っているものも、ご自由に見てくださいねー、とお茶を頂いきながら、
(しかし、その後適度にほおっておいていただけて←こんなところがうれしかった)
じっくり見せて頂く事ができました。
旅の思い出にと、息子さんの中里太亀さんのお皿と箸置きを購入しました。
お隣の工房も是非ご覧下さい、とのお言葉に甘えると、
中ではお父さんの中里隆さんがクラッシックを聞きながらろくろをまわしておりました。
思い立って立ち寄った場所でしたが、この旅行で一番心に残った場所でした。
お皿には何をのせようかなあ。考えている時間も楽しかったり。
[PR]

by suomit | 2006-09-13 22:59 | 九州
2006年 09月 12日

九州で食べたスイーツ

e0010654_8314062.jpge0010654_8314160.jpge0010654_8314173.jpge0010654_8314195.jpg
1)小倉ときわばしの白象くんまんじゅう。12個入りで、アットランダムに幸運の栗入り。
ベトナムから長崎にやって来た象が将軍様に献上されるために長崎から
江戸まで歩いていった際に、渡ったという常磐橋のたもとにあります。
江戸時代の人は象を見てさぞビックリしたでしょうねえ。
2)小倉ベーカリーシロヤのロールケーキ。
やさしい味です。一本250円。
3)4)同じくベーカリーシロヤのオムレット。ひとつ30円!
食べた瞬間、オットと一緒に「懐かしい〜」。

e0010654_8314152.jpge0010654_842914.jpge0010654_8422250.jpge0010654_8423512.jpg
5)太宰府で食べた梅が枝餅。一個目に食べたのは「かさのや」のものでしたが、
参道に梅が枝餅屋さんがたっくさんあるのに、行列ができていたのは
かさのやだけで、他のお店とはどう違うのか?と検証の為に食べたもの。
皮の厚さ、あんこの甘さ、かさのやに軍配。
6)阿蘇小国ジャージーのむヨーグルト。オット曰く、
濃いジョアみたい、ってそれは褒め言葉なのか。
7)8)黒川温泉のパティスリー麓のシュークリーム。
注文を受けてからクリームを入れてくれるので、皮はさっくさく。
[PR]

by suomit | 2006-09-12 08:31 | 九州
2006年 09月 11日

スターフライヤー

e0010654_8442875.jpgスターフライヤー乗りたさに決まった九州への旅。
国内便はほぼANAユーザーなので、
羽田ではターミナル2を利用する事がほとんどなのですが、
SFのカウンターはターミナル1。
JALのカウンターの奥にひっそりと、しかし、黒いカウンターは
それだけで存在感十分。
グランドスタッフの胸にキラリと光るSFマークのブローチ。
ジャケットに施されたパイピング。素敵ー。

e0010654_8442872.jpg乗る前から散々HPを見ていたのでもうわかっちゃいた事ですが、
全シート黒い革張りだったり、ピッチも充分でゆったりとしていたり。
うー、このまま海外へ行きたい。。。。。
パーソナルモニターはタッチパネル式。
機内の説明や非常の際の注意書きなど、いちいち凝っています。
(これで翼の王国があったらもう最高なのに、、、)
今回は(昔風に言えば)スチュワーデスとスチュワードが両方搭乗していましたが、
スチュワーデスにわくわくしてしまう男性陣の気持ちがわかったような気がしました・・

e0010654_8442811.jpgコーヒーはもちろん、タリーズコーヒー。
SFで飲むというだけで、美味しさ倍増(単純)です。
でもコーヒー豆はSF用にオリジナルブレンドなのだそうです。
コーヒーとご一緒にと頂いたチョコレートにも
しっかりSFのパッケージ。
途中キャンディーのサービスがあった時にも
キャンディーをいれたバスケットがアレッシーだったり、抜かりがないですねー。
[PR]

by suomit | 2006-09-11 08:44 | 九州
2006年 09月 10日

イカの一夜干しが

e0010654_16353514.jpg入った発泡スチロールも
スターフライヤーのガムテで
こんなにスタイリッシュに。笑
[PR]

by suomit | 2006-09-10 16:35 | 九州