pelikan ニッキ

suomit.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 14日

東京餃子楼がまた拡張していた

e0010654_1545378.jpgYさん、無事出産との知らせを受け数日後、O家と赤ちゃんに会いに行く。
小さい小さい赤ちゃんを果敢にも抱っこさせてもらう。
お腹にいるときはあんなに重そうだったのに、
赤ちゃんはこんなにも軽い。
来週家に帰ってくるようなので、とても楽しみ。
その後、中目に移動しマタギが街へ降りてきたで夕飯。
キジ肉を食べながら昔、実家の窓を突き破りキジが
アニの部屋に飛び込んできたことなどを思い出す。
牡丹鍋の〆のご飯が美味しかった~。
=============
家にチケットがあったので容疑者Xの献身を見に行く。
予告が終わりいよいよ映画が始まるというときにコーヒーをシャツにこぼしてしまう。
よりによって白いシャツ、orz・・・・
原作を2度読んでいたせいか2時間の長かったことよ。。。
石神役に堤真一が決まったとき、え、ちょっとかっこよすぎでは、と思ったけど、
さすが、演技では冴えない男感バリバリでした。

映画の後シャツを見たら案の定
「ここにこんな風にコーヒーこぼしました」という感じに見事に仕上がっていて、
その後洋服を見にいこうと思っていた気持ちも見事に萎える。
しっかり天一でラーメンは食べたけど。
=============
朝から阪神戦の録画をみているオットの傍らで、金沢旅行の計画をたてるヨメ。
イロイロ調べているうちに、なんだか旅行会社に行ったほうが早いのでは、と
近所の旅行会社へ。
ものの10分で予約等々済ませ、後は母に決済を貰うのみ。
もうちょっとランク上げても良いぞよ、とか言ってくれないかな。

帰りに寄った本屋で「持たない生活」的な「シンプルライフ」的な本を立ち読みしているうちに無償に衣替えをしたくなる。
TSUTAYAで借りたすべらない話のDVDを見ながら衣替え。
やりながらエスカレートし、古くなってきた毛布やシーツ、
もう着ていないくせにフェンディというだけで捨てられなかったワンピース、
14,5年前、子供もいないくせにあまりの可愛さにロンドンで買ってしまったコンランの子供用パジャマ
(長い年月を経て誰にもプレゼントできないほどに黄ばんでしまっていた)、
たった一度しか袖を通していないけど、二度目は無いかもしれない、、、といったまま
衣装ケースの中で2年目を迎えた服などにお別れを告げた。

最近ゴミの分別が変わってきて、今まで不燃ごみだったものも
「可燃ごみにしてよろしい」とのお達しが更に拍車をかけ、
ファスナーが壊れて、でもいつか治して使うんじゃないだろうか、
とずーっと治されずにいたかばんや、
だいぶ活躍してくれた靴などもこの際お別れすることに。

お別れしながら自分のアホさ加減に、
本当に本当にこれからは十分に使えるものしか欲しがりません、、と思う。
いや、でも買うときは「これは十分に使える!!」と思うんですけども。
[PR]

by suomit | 2008-10-14 19:55 | memo


<< Yの誕生会      休日の朝 >>