pelikan ニッキ

suomit.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 22日

旨いんだな~、困ったことに

e0010654_10324345.jpgおくりびとを見に行く。
いつもより断然客席の平均年齢高し。

ストーリーとしてはシンプルでしたが、なにより
もっくんの所作が美しかった。
私もいつか棺の中に納まるのだと、当然のことを
改めて思う。

ユーモアと涙と、チェロの響き。

NKエージェントのクリスマスのシーンと、もっくんの
スーツ姿もたまりません。

ワタスも家に帰ってチェロを弾いてみる。
[PR]

by suomit | 2008-09-22 10:33 | book/cinema/play


<< また邦画      15年後にまた。 >>