pelikan ニッキ

suomit.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 18日

どうでもいい妄想

オーラの泉なんかを見ていて、私の前世はなんなのか、と考える。
なぜか知らねど無性に惹かれるものに関係するのなら、
私の場合は江戸の下町の生活だったりする(なんだそれ 笑)
なので江戸東京博物館へ初めて行ったとき、そりゃあびっくりした。
それ以来何度か足を運んでいるけど、入ったときのあの日本橋には毎度毎度胸が高鳴る。
でもそれ以上に私の心をわしづかみにしたのは深川の江戸資料館だったりするので、
私はどうも下町の長屋あたりに住んでいたようだ(本当か?)。
長屋・大店・船宿など精巧に再現されているだけではなく、
実際に中に入って触れることもできるので、ある時は大店の娘・
またあるときは岡っ引きの奥さん・またあるときは八百屋の看板娘、など、大変。(笑)
何度か行ったけど、行くたびに同行者が違うのは
みんな一度行ったらおなか一杯なのかな。(オットとは2回行ったかな?)
将来、年金生活を迎えたら、時代劇のエキストラに夫婦で参加し、
「お蕎麦屋を切り盛りする老夫婦」なんてどうだろう。
でもオットはメガネ男子なので、そういう時はあれかな?
マルメガネをヒモで止めるタイプのやつかな。
(なんちゃって、前世はフランスの貴族だったりしてー。えへへ・・・ヽ(´ε`*)ゞ)
[PR]

by suomit | 2007-01-18 07:17 | memo


<< 暖かいわー      暫し待たれよ >>