pelikan ニッキ

suomit.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 03日

御意

Kちゃんと合流した後に入るべき喫茶店すら決められず
ウロウロする私たちのもとへ、
小林麻央のオフショットばりの大きなサングラスをかけて
颯爽と登場するKちゃん。

じょ、、、、、、女性!!!!!
どこからどう見ても。
Kちゃんの登場で、いきなり雑魚キャラに落ちぶれた私たち。

肌はスベッスベ、髪はさらっさら。
ミニスカートから伸びる足は私の3分の1くらいの細さ。
完全に「Kちゃんと、その御一行」と化したワタシたちは、
『狭いところじゃ、やーよ』、というKちゃんの言葉を受け
御意、と喫茶室へ。
Kちゃんにドトー○のようなゴミゴミした感じはふさわしくなくってよヾ(`ε´)ノ

絨毯と、椅子の感じに、なんだか夜のお店にいるみたーい。
で、すっかり注文を忘れる。

ワタシがボサーっと過ごしてきたこの何年かに、
確実に女性になり、そして磨きあげられていったKちゃん。
姉mとa、Kちゃんの3人がガールズトークで盛り上がる中、
少し引いたところでaダンナと二人、小声でKちゃんのおっぱいトークを始める。
「・・・・あのおっぱい柔らかそうだね・・」
「『触らせて下さい』って言ってみなよ」
「なんで敬語!(;゜皿°)・・」(Kちゃんは年下)

でも触りたい衝動に駆られずにはいられない
見た目にも柔らかそうなおっぱい。
これが夜の席ならば、きっとお酒の力を借りて
ワタシたちはおっぱいを触らせてもらったに違いない。

Kちゃんはさすがに話も楽しくて、
時間が許せば延長をお願いしたかったくらいだ。

話を聴くときに内面まで覗きこまれるような目も、
(本当に覗きこんでいるかは置いておいて)
Kちゃんのワイルドな彼氏の写真も、
本当にもっと一緒に話をしていたかったけど
あっという間に時間切れ。
だってたったの1時間!!!

イトコの結婚式に向かうべく、
「姉妹」は新宿の雑踏へと消えていったのでありました。

別れた直後、何が子宮に訴えたのか、
予定よりずいぶん早く生理がやってきたのでした。。。
[PR]

by suomit | 2010-02-03 10:14 | memo


<< 正しい導線      再会 >>