pelikan ニッキ

suomit.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 19日

日本の中国

e0010654_1093297.jpge0010654_1095486.jpge0010654_10101695.jpge0010654_10103125.jpge0010654_10104535.jpg
秋の風物詩、上海ガニを食べる会。
会、といっても毎度毎度のO家と。
例年は初台の中華屋だったのを、今年は違うお店で食べたいなあと思い、
新宿の上海小吃を予約。
予約の時点で、店員の中華パワーに圧倒。

金城武の不夜城の映画でも使われたという路地にあるお店。
あやしさ満点。
店内も店員もメニューも、ここはもう中国。
中国に旅行中に入った、日本語のメニューが置いてあるお店、という感覚。
サワーを頼むと、「カロリ」が、缶のままで出てきたり
(私たちのテーブルではないけど)、
お酒などは、「なんか飲みたいのあったら、(外で)買ってきてイイヨ」と
言われたり。ああ、面白かった。

食べログなどで、「メニューによって美味しさのブレがある」と書かれていたのだけど
今回はハズレなしだったかと。
オーダーしたのは
*酔っ払い上海ガニ
*蒸した上海ガニ
*青椒肉絲
*麻婆豆腐+揚げパン(店名は上海~ですが、麻婆豆腐もおいしかった)
*麻婆ガツ
*青豆と青梗菜の和え物
*カエルのから揚げ
*紹興酒 ボトル2本
*ビール

中国を旅行した気分になりたい方は
是非、行ってみてください。
普通じゃないことを楽しむ、美味しいお店です。
・・一緒に行く人の選別をお間違えないように。
[PR]

by suomit | 2009-10-19 10:34 | food


<< 満腹の別腹      仲間入り >>